2022.09.13

教室アピール

アピール力の高い定期テスト対策を、eトレで実施しましょう!

授業のペースもだんだん上がる2学期。さらに、10月に控えた中間テストは内容も複雑化するため、1学期に比べて点数を落としやすいです。だからこそeトレで早めの定期テスト対策をはじめ、外に向けて上手にアピールしていきましょう。

 

eトレで学校別・個人別の定期テスト対策コースを実施!

生徒たちはさまざまな学校から通ってくるため、当然テスト範囲も異なります。そうするとテスト対策の準備をするだけでも、かなりの労力が必要です。

そんなとき、eトレがあれば学校別や個人別の定期テスト対策コースが手軽に行えます。その秘密は、eトレの「学習計画」機能です。

 

1.学校別定期テスト対策

eトレには、単元を自由に選んで学習を進めることができる「学習計画」という機能があります。あらかじめ学校ごとのテスト範囲に合わせた学習計画を作成しておくことで、手間なくテスト対策が実施できます。

2.個人別定期テスト対策

学校別の学習計画をもとに、生徒の学力に合わせた個人別の学習計画も作成できます。 得意科目と苦手科目を考慮して学習すべき単元を決定すれば、オーダーメイドカリキュラムとしての提供が可能です。より細かな個別対応ができ、保護者へのアピール力も抜群です。

3.定期テスト対策を積極的にアピールしましょう

学校別・個人別に定期テストコースを立てたら、生徒と保護者に積極的にアピールしましょう。

○○中学3年生 【英語】単語・基本文対策コース」
△△さん用 数学特訓コース」

コース名には学校名や学年、教科はもちろん、生徒の氏名を入れるとさらに効果的です。 目標が明確となるので「自分はテストに向けてこれを頑張ろう」と生徒のやる気が高まります。また、より細かな個別対応が保護者にも伝わり、喜ばれること間違いなしです。

中学生向けの対策におすすめ ◆ 教科書ページ対応機能を活用しよう

eトレには、定期テストの即戦力になる、教科書ページ対応機能が搭載されています。対象の教科書を選んで、ページを入力するだけで、テスト範囲に応じたeトレ単元のカリキュラムを約1分で、簡単に作成できます。

先生の労務負担を最小限に、効果的な対策コースを提供できます!

▼機能についての詳細や対象教科書についてはこちらからご確認ください
https://e-tr.jp/articles/detail/52/