eトレは、生徒の「自立型学習」を支える
プリント学習システム
教室で生徒一人ひとりに合わせた、
豊富な問題データからプリント演習を実現

生徒の「できる」を育む演習

eトレsaは、生徒の目的や理解度に応じたプリントをその場で印刷し鉛筆で解かせる、自立型学習システムです。
1枚10分ほどのスモールステップのプリントにより、軽快な「繰り返し」演習が行え、学力定着を図れます。
生徒一人ひとりに最適な学習を簡単に提供できるので、先生の労務負担を軽減できます。

生徒の「できる」を育む演習

eトレsaでできること

01

豊富なデータベースとプリント構成で生徒の集中力が持続

小学1年生から高校3年生までの主要全科目に対応し、25万ページ120万題の問題から生徒のレベルや目的に合わせたプリントをすぐに印刷できます。
また生徒の理解度に合わせて進むプリント構成により、無理のない演習が持続します。
インプットからアウトプットまでがスムーズなので知識の定着力が高いのも魅力の1つです。

豊富なデータベースとプリント構成で生徒の集中力が持続

02

学年・科目混在での同時演習を先生一人で見守れる

先生1人+PC1台+プリンター1台のみで、学年・科目混在での効果的な集団個別指導をスムーズに進められます。
プリント毎に生徒と先生のタッチポイントが増え、「褒める」コミュニケーションが活発に。
生徒の学習意欲を引き出し、最低限の人員でも結果につながるフォローができます。

学年・科目混在での同時演習を先生一人で見守れる

03

個別対応カリキュラムで継続的な収益化をサポート

学習計画機能を使えば、生徒の目的や学力に合わせたオーダーメイドカリキュラムを簡単に作成できます。生徒の苦手にもピンポイントで対応できるので、保護者の満足度もアップ。
通常指導にeトレ演習をプラスして通年コース化することで、持続的な収益モデルを形成しましょう。
また、季節講習やテスト対策など、スポットでも広く活用できます。

個別対応カリキュラムで継続的な収益化をサポート

04

情報共有に便利なLMS機能で先生の業務をアシスト

eトレ演習の成績管理や弱点分析、診断票作成など、生徒の学習管理も充実しています。
日々の学習記録や理解度の可視化も可能。
先生の労務を増やすことなく、説得力のある資料を保護者へフィードバックできます。

情報共有に便利なLMS機能で先生の業務をアシスト

eトレsaの活用法

eトレ演習はどんな指導形態、教室レイアウトでもすぐにスタートできます。
通常授業にeトレ演習コースをプラスして、解く力を養うトレーニングを始めましょう!

eトレsa活用法

① 授業にeトレ演習コースをプラス

通常授業に加えて、授業内容の定着を目的としたeトレ演習コースを設置しましょう。継続的な演習トレーニングの実施で、生徒の学習習慣をしっかり身に付けさせましょう。また、通年でのオプションコースとして運用することで、収益化にも貢献できます。

② 生徒の「個」に合わせた効果的な対策講座

通年での設置とは別に、短期間での定期テスト対策や入試対策コースなどを設置します。学校・学年ごとのカリキュラムや、目標点別カリキュラム、試験本番を意識した実践問題を集めたカリキュラムなどが簡単に作成できるので、生徒の目的に合わせたスポットコースを簡単に提案できます。

eトレsa必要環境
パソコン仕様 Windows OS:Windows11、10、8.1
CPU:Intel Core iシリーズ 5000番台以降、またはそれに準ずるスペックを推奨
メモリ:4GB以上推奨
Cドライブの空き容量:30GB以上
Adobe Acrobat Reader DC または Adobe Acrobat のインストールが必要です
インターネット環境 ADSLや光回線など、
高速回線での常時接続を推奨
プリンター仕様 A4サイズ用紙、モノクロ印刷できるもの
(診断票はカラー印刷もできます)
20枚/分以上印刷可能なレーザープリンター推奨