追加ユニット春パック2022
 

入試対策も本格化する時期となりました。本番で1点でも多くの点数を取るためには、先生の指導にプラスして「解く」トレーニングが必要不可欠です。直前の大切な今こそ、eトレを使った「演習トレーニング」で圧倒的な演習量を確保し、生徒の得点力をグンと高めましょう!

 
 

ユニットを追加して普段eトレを使っていない生徒にもeトレ演習を!
登録人数の追加も可能です

▶eトレ追加ユニット春パックでは、お使いのeトレにお好きなユニットを追加できます
▶生徒登録人数を標準コース(登録無制限)にも変更できます

ユニット追加で広くeトレ演習を提供
 

ユニットを追加することで、普段eトレを使う機会のない生徒にも期間限定でeトレ演習を実施できます。学校の授業内容の定着や前学年の復習、さらには次年度の予習に狙いを合わせた演習コースを設定できます。 また新年度から新たな対象への演習コースを検討されている先生方にもおすすめです。

 
 場面別ごとのおすすめeトレ活用法を近日公開!
 
登録人数を「無制限」に変更して、外部生を取り込む
 

現在「登録人数制限コース」をご利用中であれば、25人までの登録人数を無制限に増やすことができます。 外部生を講習やテスト対策で受け入れる場合、また上記同様、新年度から新たな対象への演習コース設置を検討されている先生方にもおすすめです。 さらに、1コマの中で演習に臨む生徒を増やす場合には下記の「子機」も合わせてご参考にしてください。

 

eジャッジでテスト作成も楽々!

▶eトレ追加ユニット春パックでは、学力判定システム『eジャッジ』をご導入いただけます
▶eトレでの「演習」+eジャッジでの「診断テスト」で自立型学習を強化

手軽に診断テストを実施
 

指導内容に基づいた診断テストを簡単に実施できます。 中学の定期テストレベルを中心に、すぐに使える1,000種類以上の診断テストをご用意しています。さらに収録された5,000問以上の問題パーツを組み合わせたテスト作成や、eトレプリント(※)を組み合わせたテストなど、自由自在にテストを作成することも可能です。

 

※ご契約ユニットのプリントのみご利用いただけます。

▲eジャッジ プリセットテスト

弱点を発見したら、すぐにeトレで演習
 

診断テストで見つかった弱点をそのまま活かした、eトレでの復習用カリキュラムを自動で作成できます。補強すべき単元だけに絞った学習計画なので、効率的に得点アップに向けた演習を実施できます。

面談で役立つ診断票
 

診断テストの得点を入力するだけで、簡単に「個人診断票」を作成できます。講習前と講習後の成績を比較して、成果をしっかりアピールしましょう。

▲個人診断票

 

人数が増える講習やテスト対策も、子機で多くの生徒対応が可能に!

▶eトレ追加ユニット春パックでは、子機もご導入いただけます

子機とは
 

今お使いのeトレ(親機)とネットワーク上でつながった別のパソコンを生徒専用の採点システム(子機)として使えます。
子機では生徒自身で学習する単元を選択して印刷でき、得点入力すると次に学習するプリントが自動的に選択されます。
生徒がパソコンを操作しても、他の生徒の情報を見ることはできないので安心です。

子機3台で30~40人の一斉演習も可能に
 

子機1契約で採点システム(子機)を3台までご利用いただけます。 eトレ(親機)1台では15人程度までの演習指導が上限ですが、子機を3台接続することで、30~40人の一斉演習も可能になります。

eトレ追加ユニット春パック 概要

約70日間の期間限定で、ユニットの追加だけでなく登録人数も追加できます。
eジャッジ・子機もお試しいただけます。

ご利用期間
 

次の3つのタームからお選びください。

 

ターム1:2021年12月20日(月)~2022年2月28日(月)
ターム2:2022年1月20日(木)~2022年3月31日(木)
ターム3:2022年2月20日(日)~2022年4月30日(土)

 
eトレ追加ユニット春パック料金について
 

料金につきましては、お近くの教育開発出版㈱各営業所までお問い合わせください。


 
お申し込み方法
 

右記「追加ユニット春パックお申し込みはこちら」より、必要事項をご入力いただき、送信してください。

 
お申し込みからご利用開始まで
 

お申し込み完了後、順次eサポートよりプログラムのダウンロード案内メールを送信いたします。
メールの記載内容に沿って、eトレプログラムをインストールしてください。