5月に入り、新しい学校やクラスの雰囲気にも徐々に慣れてくるころでしょう。
授業も初めのうちはゆっくりなペースだったのに、気付いたら進度が速くなり授業についていけなくなってしまう、ということもしばしば見られる光景です。
そこで今回は、最初の定期テスト対策にも役立つeトレ活用法をご紹介します。
自信を持って定期テストに臨める対策を早い段階で行いましょう。

通常単元のプリントで、すぐにできるテスト対策!

eトレプリントは「ラーニング」⇒「ステップ/リトライ」⇒「チェック」と進めていく構成ですが、テスト対策では以下の学習法がおすすめです。

1.テスト範囲の理解度を確認するならチェックプリント!

チェックプリントは単元のまとめテストになっています。
テスト範囲のチェックプリントをまとめて解くことで、効率的なテスト勉強になります。

2.苦手な単元が分かっているなら、ラーニングプリントで基礎事項の再確認!

苦手な単元、理解が足りない単元は再度ラーニングプリントで要点を確認しましょう。
その後、ステップ/チェックプリントで演習を行いましょう。

3.演習量を増やしたいなら、リトライプリントを活用!

リトライプリントは、ステップ(練習)プリントの類題プリントです。
テスト前にリトライプリントを解くことで演習量を増やすことができ、得点アップにつながります。


「まとめ」シリーズで重要事項をまとめて復習!

「まとめ」シリーズは各学年での履修内容をいくつかの章にまとめているので、定期テスト直前に短時間で効果のある復習を行うことができます。
チェックプリントだけをまとめて解いても、効率的な学習が可能です。
さらに中学データには「テスト対策」プリントをご用意しています(国語を除く)。
テスト本番を意識した演習や、最後の追い込みに活用しましょう!