3月になるといよいよ新学年も目前、1年間のまとめをする時期を迎えます。復習をしっかり行い、進級に備えたいものです。
そこで今回は、1年間の総復習と新学年の先取り授業に役立つeトレ活用法をご紹介します。
自信を持って新年度をスタートできるだけでなく、今までよりもステップアップした学習に取り組む後押しをしましょう。

総復習は「まとめ」シリーズとチェックプリントを活用!

小学生
国語・算数

国語と算数には「まとめ」シリーズをご用意。
単元がまとまっており、総復習には最適です。学習を進め、つまずきや苦手な単元は標準シリーズで復習を行いましょう。
標準シリーズでの復習は、ラーニングで学習内容のおさらいを行い、ステップ・チェックで演習を進めるのがおすすめです。

理科・社会

理科と社会では標準シリーズの各単元にあるチェックプリントを使って、学習定着度を確認しましょう。
定着度が低い単元については再度ラーニングで確認し、ステップで練習しましょう。


中学生
英語・数学・理科・社会

各学年の履修内容が章ごとにまとめられている「まとめ」シリーズは、広い範囲の学習を短時間で行うのに適しています。
まとめシリーズで総復習を行い、見つかった弱点は標準単元でしっかり復習しておきましょう。
ラーニングで内容を確認し、ステップ・チェックで演習を進めていきましょう。

国語

「漢字・語句」の中学レベルなら、学年ごとの漢字を総復習できます。
「文法のまとめ」「古文のまとめ」は広く学習できるまとめ問題がそろっています。
見つかった苦手は漢字なら教科書準拠シリーズ、文法・古文なら標準シリーズでしっかり確認しておきましょう。


先取りはラーニングを使って丁寧に学習しましょう!

小学生

標準単元のラーニングで学習内容をしっかり確認して、ステップ・チェックに進みましょう。
先取りする内容はリトライ・リチェックプリントも使って、演習量をしっかり確保するのがおすすめです。


中学生

小学生同様、ラーニングでしっかり内容を確認した上で演習に進みましょう。
英語(1年)・数学・理科には、学習を進めやすいように作成された「入門」シリーズもご用意。
基礎内容の定着に効果を発揮します。