5月のおすすめカリキュラム

進学や進級後の慌ただしい時期が過ぎ、5月は学習が本格化してくる時期です。内容も濃くなりますので、演習を行わないと学習内容が消化不良のまま進んでいってしまいます。
eトレ学習は「自分で解く」が基本ですから、理解が曖昧だった点が明らかになり学力アップに大きな力を発揮します。5月も継続して、eトレに取り組んでいきましょう。

小学低学年

【算数】

1年生は「なんばんめ」「いくつといくつ」など、数を扱う概念を少しずつ身に付けさせる時期です。標準単元をどんどん進めて、楽しく算数に取り組ませてください。
2年生は「ひき算の筆算」「長さ」を学習します。くり下がりのない筆算をまずは確実に身に付けましょう。「長さ」では単位の変換がしっかりできるようにしましょう。
3年生は「わり算」「時こくと時間」「円と球」などを学習します。「わり算」は考え方に加え、計算の速さ・正確さを身に付けることを目指して反復して取り組みましょう。

【国語】

1年生は「ひらがな」の学習をどんどん進めましょう。入学前にひらがなを身に付けている生徒には、カタカナシリーズから漢字シリーズに少しずつ取り組ませましょう。
2年生は「漢字・語句」「書き順」の標準単元での学習を中心に、1か月に1単元程度文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。
3年生は「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元程度文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。


小学高学年

【算数】

4年生は「わり算の筆算」「折れ線グラフ」「大きな数」などが中心。グラフの読み取りは理科や社会などにも生きてきます。標準単元を使って練習していきましょう。
5年生は「合同な図形」「体積」「小数のかけ算」「わり算」などが中心で、内容も高度なものになってきます。大切なのは分からないと思った箇所をほったらかしにしないこと。標準単元で確実に理解を深めましょう。
6年生は「分数×分数」「分数÷分数」など分数計算が続く教科書も多いです。得意な生徒にはチャレンジのプリントを解かせて、より高い計算力を身に付けさせてください。苦手と感じる生徒には、何度でも戻って繰り返させましょう。

【国語】

4年生は「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元程度文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。
5・6年生は準拠シリーズを利用した「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元程度文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。


中学入試対策

【4年生】

入試対策の学習に慣れてくる時期。入試の基礎に取り組む時期だからこそ、一つひとつ身に付けましょう。
Aシリーズを利用して、国語や社会なら1時間に1単元を算数や理科は2時間で1単元を身に付けるくらいの目標が良いでしょう。誰にも負けない科目をつくることを目標に、毎日の課題として得意科目のプリントを1枚ずつ解くこともおすすめです。

【5年生】

Bシリーズを利用した入試頻出内容のトレーニングを続けましょう。他のテキストの学習や各種模試も受けていると思います。それらの学習と関連づけながら見つかった弱点を補強し、次の模試の範囲を学習するなど個々にピンポイントの学習を行ってください。学習済みの単元から不合格が多かった単元をピックアップして復習するのも効果的です。

【6年生】

夏休みはあっという間にやってきます。それまでに標準的な問題に対処できる力を養っていきましょう。
上位校を目指す生徒はCシリーズをどんどん進めましょう。入試によく出る内容ばかりですので何度も反復し、反射的に解き方や答えが分かるまでに鍛えていきましょう。入試の実践的な学習に入る夏以降、これらのベースがしっかりと成績の伸びを支えてくれます。


中学生

【数学】

1年生は「文字と式」に入ります。続く方程式や関数の基礎となる単元なので、しっかり理解しておきたいところです。標準単元にはあらゆるパターンの問題が用意してありますので、くまなく練習をさせてください。
2年生は「連立方程式」に入ってきます。連立方程式は中学数学だけでなく、高校数学でも頻出の形式です。今の時点で苦手意識をつくらないよう、丁寧に学習を進めましょう。
3年生は「因数分解」に入っていることでしょう。パターンをまずはしっかり覚えられるよう、標準単元で類題に何度も取り組みましょう。

【英語】

学校で新しいセクションに入る前に「単語」シリーズを利用して英単語をしっかりと暗記してしまいましょう。また、学校で学習したらすぐに準拠版シリーズ「標準」でそのセクションの内容をしっかりと身に付けてください。
「英作文」にもどんどん挑戦してみてほしいと思います。「目的別コース」もぜひ活用してください。

【理科・社会】

5月も後半に入ると中間テストの声が聞こえてきます。ですので、余裕があるうちから標準単元を使って準備を進めてください。
地理は学校進度の違いが大きくなりがちですので、注意しておきましょう。

【国語】

教科書順に学習するには、単元選択時に「目的別」のタブを選んでコース選択をします。現代文と古文や漢字・文法等の単元が教科書に沿った順に並んでおり、通年の学習には最適です。


高校1・2年生

1年生はまずは英語と数学を中心にペースづくりを。
2年生は入試に対応した継続的な学習を進めていきましょう。

中学のときは余裕で勉強をこなせていても、高校生になると自習なしでは高得点は期待できません。中学と同じ気持ちで考えていると、気付いたら分からなくなってしまいます。
逆に真面目に学習時間をとっている生徒に、思いがけない成績の飛躍があります。学習時間が成績に比例することを理解させ、特に持続的な学習が必要な英語と数学を中心に取り組ませていきましょう。

【数学】

数学は「基礎」シリーズを必須とし、上位校の生徒なら「標準」シリーズを学習させてください。学校内で上位の学力がある生徒には、ぜひ「応用」に取り組ませましょう。

【英語】

1・2年生は「英文法基礎演習」「長文演習」に継続的に取り組んでいきましょう。文法は1・2年生のうちにはひと通り終わらせておきたいところです。

【日本史・世界史・地理・政経】

1年生は基礎演習に取り組んでいきましょう。教科書や用語集または資料集を傍らに準備して、疑問点は確認しながら進めるとさらに理解が深まります。ラーニングを見ながら覚えるのではなく、問題を解きながら覚えるのがコツ。計画的な復習ができればさらに理想的です。
2年生は演習やセンター対策への取り組みをスタートしましょう。

【古文・漢文】

1年生には古文基礎・漢文基礎に取り組ませてください。
2年生はそれ以降のシリーズに取り組むといいでしょう。古文単語のシリーズで語彙を増やしていくことも有効です。


高校3年生

【英語】

3年生は「英文法演習」で入試に直結する文法・語法を身に付け、センター対策や難関大対策シリーズへの取り組みをスタートしましょう。単語シリーズは入試直前まで取り組んでもらいたいと思います。

【数学】

入試準備シリーズで公式や重要語句など基本的な内容を復習しましょう。夏までに終わらせると、その後の実践演習がよりスムーズに進みます。
夏になったらセンター対策シリーズで、試験形式に合わせた問題を徹底的に演習しましょう。解法はもちろんセンター試験に欠かせない“スピード”を養うことができます。