いよいよ新学期、4月は気分を新たに勉強に取り組むチャンスです。
新しい目標を立てて学習に取り組みましょう。

eトレは「1日に1枚、家で解く」といった負担の少ない自主学習の目標を立てるのに大いに役立ちます。
達成しやすい目標で継続的に学習に取り組むことで、1年後には大きな効果が表れます。

小学低学年

【算数】

1年生は「1から10までの数」から学習を始めます。
標準単元をどんどん進めて、楽しく算数に取り組んでください。

2年生は「ひょうとグラフ」「たし算のひっ算」の学習が中心。ひっ算はくり上がりがあるものが最初の山です。
「1けた+1けた=2けた」の復習を事前に済ませましょう。

3年生は「かけ算」「わり算」「時こくと時間」が中心。
特に「わり算」については、「九九」をもう一度思い出して、学習をスムーズにスタートさせましょう。

【国語】

1年生は「ひらがな」の学習からのスタート。楽しい国語学習をスタートさせましょう。

2年生は「漢字・語句」「書き順」の学習を中心に、1か月に1単元を目安に文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。

3年生も「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元を目安に文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。


小学高学年

【算数】

4年生は「大きな数」「角」「折れ線グラフ」などが中心。
「大きな数」は数の区切り方や、一億・一兆をこえる数の読み書きができるよう、何度も練習しましょう。

5年生は「整数と小数」「体積」が中心。
標準単元で確実に理解を深め、チェックを使った復習も組み合わせて定着を図りましょう。

6年生は「対称な図形」「文字と式」から学習を始めます。
「対称な図形」では、線対称と点対称の違いを図で示せるようになりましょう。

【国語】

4年生は「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元を目安に文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。

5・6年生は準拠シリーズ「漢字・語句」の学習に、1か月に1単元を目安に文章問題シリーズを組み合わせていきましょう。


中学入試対策

【4年生】

入試の基礎に取り組む時期だからこそ、一つ一つしっかりと身に付けていきましょう。
Aシリーズを利用し、国語・社会は1時間に1単元、算数・理科は2時間で1単元を身に付けるくらいを目標としましょう。

【5年生】

Bシリーズを利用した入試頻出内容のトレーニングを続けましょう。
他のテキストの学習や各種模試も受けていると思います。
それらの学習と関連づけながら見つかった弱点を補強し、次の模試の範囲を学習するなどピンポイントの学習を行いましょう。

【6年生】

上位校を目指す生徒はCシリーズをどんどん進めましょう。
入試に頻出な内容ばかりですので何度も反復し、反射的に解き方や答えが分かるまで鍛えていきましょう。
入試の実践的な学習に入る夏以降、これらのベースがしっかりと成績の伸びを支えてくれます。


中学生

1年生は新しく学習習慣を作り出せるかがポイント。
予習を必ず行う・勉強する時間帯を決めるなど、目標を設けましょう。
「分からないことをほったらかしにしない」と、学習への姿勢に絞ってもいいかもしれません。

とは言え、継続はなかなか難しいもの。
はじめは張り切って計画を立てがちですが、続けられるものが良い目標です。
継続できていることが、生徒の意識を勉強に向けていきます。
その生徒に実行可能な目標かどうか、判断してあげましょう。

eトレを使って目標を立てるなら、次のようなものがおすすめ

ul class=”list”>

  • 学校の予習として、ラーニングだけは読んでおく
  • 学校の復習を、1週間以内に必ず行う
  • 1日1枚、ステッププリントを解く
  • 分からないと思ったら、必ずeトレで練習する
  • 目標達成率80%を目指す
  • 普段eトレ学習をしている生徒なら、塾に来てプリントを解いた時点でこれらの目標をほぼ達成できます。
    eトレ学習のない日に少しだけ頑張れば、「目標達成できている」という実感が勉強意欲を後押ししてくれることでしょう。

    【数学】

    1年生は「正負の数」「加法と減法」からスタート。
    理解度に応じて標準単元と入門シリーズを組み合わせ、学習を進めていきましょう。
    特に「数直線」の理解は、その後の四則演算にも生き、「座標」や「関数」の学習にもつながります。

    2年生は「式の計算」、3年生は「多項式の乗法」「因数分解」から始まります。
    いずれも1年生の「四則演算」「文字式」の延長です。自信がない場合は入門シリーズで確認しましょう。

    【英語】

    教科書に合わせた準拠版シリーズの「標準(基本文・単語・本文重要表現)」「英作文」「まとめ」の3つのシリーズで英語の学習をサポートします。
    「標準」シリーズには「単語」「基本文」「文法まとめ」「本文対策」の4種類の単元があります。
    生徒の学力や目的に応じて使い分けてください。

    【理科・社会】

    1年生の4月、中学での理科・社会学習は導入となります。
    標準単元で2週間に1回程度の学習を行い、学習リズムを作ることを第一としましょう。

    2・3年生になると、テスト前以外は勉強しないというケースも多いのではないでしょうか。
    高校入試は総合力勝負。
    4月から「月2回の理社得点アップ演習コース」などをつくり、普段から少しずつ学習する習慣付けをしましょう。

    【国語】

    教科書準拠単元は漢字のトレーニングにターゲットを絞っています。
    また「言葉の知識・漢字の知識」「文法・敬語」「古文」の3つの分野は教科書内容に合うように作成されており、学校進度に合わせた学習に最適です。
    目的別コースでは教科書の単元順に配置し、教科書に沿った学習ができます。


    高校生

    1年生は英数、2年生は入試科目の強化、3年生は入試レベルの学習をスタート

    1年生は早めに学習のペースを作ることが必要です。中学と違い、同程度の学力の生徒が集まります。
    中学では中位だった生徒も地道に勉強を続けることで、上位者集団に食い込めやすいもの。
    「できる」「分かる」と感じることで、勉強へのモチベーションが一気に高まります。
    そういう意味では、意識改革を一気に起こす最大のチャンスでもあります。

    2年生は1年間過ごし、自分の位置が分かってきています。
    大学入試を目指した学習に、作戦を立てて取り組みましょう。
    まずは得意科目を磨くこと。特に英語と数学は継続が力になります。
    しっかり1年間の計画を立てて実行していきましょう。

    3年生は入試問題による演習をスタートし、1年間かけて学力アップしていきましょう。
    目安は夏までにひと通りの問題を解くこと。入試レベルとなると初めから解ける問題は少ないです。
    自力で解くことより時間を決めてチャレンジし、分からないときは解答・解説で解き方を理解しましょう。

    【数学】

    「基礎ラーニング」「標準ラーニング」の2つはラーニングプリントを独立させた「講義編」。
    「基礎練習」「標準練習」はそれぞれに対応した「問題演習編」。状況に応じて使い分けて取り組ませましょう。

    また、学校の定期テストに合わせた学習も必要です。出題される問題のタイプに合わせてレベルを選びましょう。
    上位を目指す生徒は入試基礎レベルの「応用」シリーズに取り組ませるのがいいでしょう。

    【英語】

    1年生は「英文法基礎演習」「長文演習」に継続的に取り組んでいきましょう。
    文法は1・2年生のうちにひと通り終わらせておきましょう。

    3年生は「英文法演習」で入試に直結する文法と語法を身に付け、センター対策や難関大対策シリーズをスタートしましょう。
    単語シリーズには入試前までくり返し取り組んでください。センター試験を目指すならレベルCまでしっかり学習しましょう。

    【日本史・世界史・地理・政治経済】

    1年生は「基礎演習」に取り組んでいきましょう。
    教科書や用語集、資料集を傍らに準備して、疑問点は確認しながら進めるとさらに理解が深まります。

    2年生は演習シリーズにも積極的に取り組みましょう。

    日本史や世界史を2次・私大の受験に利用する3年生は、夏までに演習シリーズをひと通り学習しましょう。
    忘れている事柄も、反復練習でしっかりと解答できるようにしましょう。

    【古文・漢文】

    1年生は古文・漢文の基礎シリーズに取り組ませてください。

    2年生はそれ以降のシリーズに取り組むといいでしょう。
    古文の単語シリーズで語彙を増やすことも有効です。

    3年生は夏までに基礎演習シリーズをひと通り学習しましょう。
    少なくともラーニングの例題はスラスラ解けるまで繰り返し学習していきましょう。
    センター試験を受験する生徒はセンター対策シリーズを入試までに少なくとも2回は繰り返して学習してください。