【6月】教室オリジナルのeトレにカスタマイズしましょう!

eトレを自分好みにカスタマイズできることをご存知ですか? eトレには「カスタマイズ」機能があり、プリントに塾名やロゴを入れたり、オリジナルの判定画面を登録したりできます。

eトレおすすめカスタマイズ

1.eトレプリントに塾名やロゴを入れる

カスタマイズの第一歩は、塾名の登録です。印刷するすべてのプリントと学習記録表に塾名を印字することができます。つまり、生徒に渡すプリント自体が塾の宣伝になるのです。

応用編 ~塾のロゴマークを登録する~

ロゴマークをjpegなどの画像データで作成できる場合には、文字だけではなくロゴマーク等をプリントに印刷することができます。もし適当なロゴマークがない場合でも、「ペイント」ツールを使ってロゴを作成することもできます。
ぜひ、オリジナルのロゴマーク作りにチャレンジしてみてください。

2.合格ラインを個人別・教科別に設定する

eトレの合格ラインは個人別・教科別に自由に設定できます。教科別に合格ラインを変更でき、ラーニング・ステップ・チェックなどプリント別に設定することもできます。

応用編 ~より詳細に合格ラインを設定する~

合格ラインは個人別に細かく設定することもできます。数学は得意だけれど英語は苦手だという生徒には、数学は90%以上・英語は50%で合格と設定するのです。
生徒一人ひとりの学力に合わせた設定によって、より個人の学力に沿ったものになるだけでなく、親身できめ細かい生徒対応という強力なアピールになります。

3.判定画面の画像と音声を選ぶ

得点入力の判定画面の画像が初期設定のままになっていませんか。新キャラクターやだるまといったかわいらしいものからスイカ割り・スキーなど季節感のあるものまで、数多くご用意しています。時期や行事に合わせて変化させていくことをおすすめします。

応用編 ~オリジナルの判定画面にする~

判定画面の画像・音声・コメントをそれぞれ別々に選ぶことができます。
また、オリジナルのメッセージを表示することや自分で用意した写真や音声データを表示させることも可能です。先生の顔写真にしてみたり、授業中によく言う言葉にしてみたりと塾オリジナルの判定画面を作るのもユニークかつ非常に効果的です。

※詳しい設定方法は、eトレの画面の左下にある「操作マニュアル」をご覧ください。


6月おすすめ教室PR法

1.中間テストの「実績」をしっかりアピール

中間テストが終わったらすぐに、点数が伸びた生徒を「実績」としてほかの生徒や保護者にアピールしましょう。もちろん、思うような結果が出せなかった生徒もいるでしょう。だからこそ大切なのは、1科目でも良い結果を出した生徒を大いにアピールすることです。ホームページや教室内の掲示物にどんどん掲載していきましょう。これは他の生徒にとっても「僕たちも頑張らなきゃ」という励みにもなります。
何よりも「あの塾へ通う生徒はテストで結果を出している」という評判は、夏期講習の生徒募集に向けた大きな原動力となります。

2.期末テストの「対策」をしっかりアピール

期末テストの「対策」もしっかりアピールしましょう。大切なのは、「テスト対策授業は特別だ」というイメージを打ち出すことです。「○○中 期末テスト対策講座」「期末テスト 英語集中特訓コース」など、生徒と保護者に「あの塾は期末テストに向けてとても気合が入っている」という印象を与えることが大切です。

この時期は、夏期講習の生徒募集に向けた助走期間です。定期テストの「実績」と「対策」をしっかりアピールして、夏の成功に向けた下地を作っていきましょう。