新学期を迎え、はじめてeトレで勉強する生徒も多い時期でしょう。
何事もはじめが肝心と言われますが、eトレ授業にも同じことが言えます。

eトレ授業ではじめにすべきこと、それはルールをしっかり作ることです。
eトレは自学自習が基本ですから、スムーズに進めるには最初にしっかりとルールを伝え、守ってもらうことが重要です。
そこで今月は、eトレ授業をスムーズに進めるためのおすすめルールをご紹介します。

eトレ授業におけるおすすめルール

1.授業のはじめと終わりに、しっかりとあいさつをしましょう

・開始「お願いします」
・終了「ありがとうございました」

2.プリントを提出するとき、受け取るときもあいさつをしましょう

・プリント提出「お願いします」
・プリント受取「ありがとうございます」

3.質問がある場合は、「はい」と言って手を上げて待ちましょう
4.授業が終わったら、その場で今日やったプリントをファイルに綴じましょう

基本となるのはあいさつです。
生徒一人ひとりがきちんとあいさつできる教室は、誰が見ても気持ちの良いものです。
雰囲気が引き締まってeトレ授業がスムーズに進みます。

生徒にしっかりとルールを伝え、気持ちの良い新学期のスタートを切ってください。


4月おすすめ教室PR法

1.「名入れグッズ」をプレゼントして、塾名をアピール

新品の文具を使うと気持ちも改まり、授業でも良いスタートが切れます。
そこでおすすめなのが、塾の名入れ鉛筆や消しゴムの配布です。
進学・進級のプレゼントとして塾名入りの鉛筆や消しゴムを手渡せば、学校の友達の目に留まり、塾の話題につながります。

名入れグッズは意外と手軽に作れます。
インターネットで検索すると、たくさんの注文サイトが見つかります。
「これを使えば、どんどんやる気が湧いてくるよ!」と生徒に手渡してみましょう。

2.「ロゴ入りプリント」を配布して、役立つ塾をアピール

テスト前に役立つ、教科ごとに要点をまとめたプリントを生徒に配布しましょう。
そしてそのプリントに、塾名やロゴマークを入れましょう。
eトレにはプリントに自動的にロゴマークや教室名を印刷する設定があります。

学校でそれを見れば、「良さそうなプリントだね」「すごく使えるね、どこでもらったの?」と話題になるでしょう。
細かなところに気を使いながらプリントを配布するのも、塾をアピールしていく上でとても大切なポイントです。