11月お役立ち情報

【中学生向け】『効率的な演習で高校入試合格を目指しましょう!』


2学期も後半に差しかかり、あっという間に期末テストを迎えます。
この時期に定期テストへ向けてしっかり学習することが、この後に待ち受ける高校入試の合格へとつながっていきます。
そこで今回は、中学生の定期テスト・入試対策に向けたおすすめデータベースとeトレ活用法をご紹介します。

■eトレ中学 おすすめデータベース


 1.「入門」シリーズ 

 一つひとつ着実な基礎固めに 

基礎を一から復習できる、英語・数学・理科の入門シリーズ。
勉強が得意ではない生徒でも取り組みやすい工夫を凝らしたプリントで、基礎固めがしっかりできます。

 2.「まとめ」シリーズ 

 重要事項をまとめて復習 

年間の学習のうち、重要な部分をコンパクトに凝縮。
受験前の大切な時間にしっかり中学内容の総復習ができる、とても便利なシリーズです。

 3.「高校入試対策」シリーズ 

 入試の総仕上げに 

弱点補強と並行しながら実践演習ができるシリーズ。
全国の公立高校の入試問題をベースにしており、本番さながらの練習を繰り返し行うことができます。
公立高校のほかにも、国私立や難関国私立向けの対策シリーズも収録されています。

■定期テスト・入試に向けたおすすめ学習法

■定期テスト対策
1・2年生は2学期あたりから成績の差が徐々に開き始めるため、定期テストへの対応は非常に重要です。

そんな定期テスト対策に効果的なのが、eトレの「まとめ」シリーズです。
各学年での履修内容をいくつかの章にまとめているので、定期テスト直前に短期間で効果のある復習が行えます。

3年生は2学期に学習する単元は入試に直結し、内申の確保という点でも重要な要素となりますので、しっかり学習を進めましょう。

■高校入試対策
3年生は2学期からいよいよ受験モードに突入します。

1・2年生の復習を10~11月中に終わらせるように取り組んでいきましょう。
3年生の内容を11月~冬休み前までの間におさらいすることで、入試の実践練習もしっかり行えます。

eトレには全国の高校の過去問をベースにした「高校入試対策」シリーズ、基礎を一から復習できる「入門」シリーズ(英・数・理)が収録されています。
れらを組み合わせ、生徒のレベルや志望校に応じた入試対策を行いましょう。