9月お役立ち情報

特集企画 『eトレでアピール力の高い学校別・個人別の定期テスト対策を実施しましょう』

夏休みが終わりほっと一息つく間もなく、さっそく定期テストが控えています。定期テスト対策はどちらの塾でもされていると思いますが、重要なのはそこに特長を出して、それを上手にアピールすることです。

eトレで学校別・個人別の定期テスト対策コースを実施しましょう

生徒たちの通っている学校が異なりテスト範囲が違うと、プリントを準備するだけでもかなりの労力が必要になるでしょう。しかしeトレを使えば、学校別や個人別の定期テスト対策コースも難なくこなせます。その秘密は、eトレの「学習計画」機能です。

■学校別定期テスト対策

eトレには、単元を自由に選んでその通りに学習を進めることができる、「学習計画」という機能があります。学校ごとのテスト範囲に合わせた学習計画を作れば、異なる学校の生徒に対しても手間なくテスト対策の演習を実施することができます。

■個人別定期テスト対策

学校別の学習計画をもとに、生徒の学力に合わせた個人別の学習計画を作りましょう。得意科目と苦手科目を勘案して学習すべき単元を決めて、オーダーメイドコースとするのです。より細かな個別対応ができるうえ、保護者へのアピール力も抜群です。

定期テスト対策を積極的にアピールしましょう

せっかく学校別・個人別に定期テスト対策を立てたのですから、生徒、保護者に積極的にアピールしましょう。そのときに肝心なのは、実施するコースの名称です。

「□□中学3年生 英語 単語・基本文対策コース」

「○○さんオリジナル 数学20点アップコース」

コース名には学校名や学年、教科はもちろんのこと、生徒の名前などを入れると効果的です。「自分はテストに向けてこれを頑張ればいいんだ」と学習の目的がはっきりして生徒のやる気が高まり、またより細かに個別対応していることが伝わり保護者にも喜ばれること間違いなしです。

テスト後は優秀者の発表を素早く行いましょう

もう1つ重要なことはテスト直後に優秀者を発表することです。

定期テストの結果は、塾の評価に大きな影響を及ぼします。定期テストが終わったらすぐに生徒の成績を確認しましょう。そして良い結果を出した生徒は、教室内の掲示物や教室便りなどで表彰しましょう。

成績上位者を表彰するというよりも、前回から得点が伸びた生徒を表彰するというスタンスで、できるだけ多くの生徒を褒めてあげましょう。また、eトレの定期テスト対策に多く出席した生徒や、たくさんeトレプリントを解いた生徒など、積み重ねた努力の「量」で評価することもお勧めです。

成績の伸びた生徒やテストに向けて頑張った生徒を発表することは、本人を励まして学習意欲を高めるとともに、活気ある塾のアピールにもなります。ぜひ、積極的に実践してみてください。