• Q1.サービスパックを実行した際「照合に失敗しました」と表示され、その後eトレが起動できない。

    A1.
    サービスパックでの照合失敗や、その後のeトレ起動中断メッセージ内に記載されているID([xxxx-xxxx]という英数字)をeサポートまでご連絡ください。

  • Q2.インストールプログラムやサービスパックなどをダウンロードすると、「ダウンロードしたユーザーが少ないためコンピューターに問題を起こす可能性があります」と表示される。

    A2.
    ブラウザの種類や設定によって、固定で表示される警告文です。eトレ/eジャッジのプログラムは、問題を起こす可能性はございません。
    メッセージのウィンドウの×をクリックして閉じ、ダウンロードを進めてください。

  • Q3.ダウンロードしたサービスパックや、インストールプログラムがデスクトップに無い。

    A3.
    デスクトップ以外のフォルダへ保存した可能性があります。
    もう一度ダウンロードを行い、保存先を確認してください。

    なお保存先の指定が表示されない場合は、パソコンで保存先が固定されている場合があります。一般的には以下のフォルダに保存されていることが多いです。
    コンピュータ(Windows XPの場合はマイドキュメント)→「ダウンロード」

    上記のフォルダに保存されていない際はパソコンの設定をご確認ください。

  • Q4.Cドライブの空き領域が少ない。

    A4.
    不要なプリントデータを削除することで、Cドライブの空き領域が増える場合があります。
    以下に削除手順をお伝えします。

    1.以下のフォルダを開いてください。
    パソコンのスタートメニュー→「すべてのプログラム」→「学習システム」→「学習システム10ユーティリティ」
    ※ Windows 8のパソコンの場合は、「すべてのアプリ」画面から「学習システム10ユーティリティ」を起動してください。
    ※お使いのeトレが「学習システム7」の場合は「学習システム7ユーティリティ」をクリックしてください。

    2.学習システムユーティリティが表示されますので「問題データ整理」をクリックしてください。

    3.データ整理画面が表示されますので「簡易削除」または「詳細削除」を選択し、「不要なプリントデータを削除」をクリックしてください。
    確認画面が表示されますので「はい」をクリックしてください。

    【簡易削除】
    契約していないユニットのプリントデータが保存されているフォルダを一括削除します。詳細削除に比べ、短時間で完了します。

    【詳細削除】契約にかかわらず、プリントデータが保存されているフォルダ内のファイルをすべて検査し、不要なファイルを削除します。簡易削除に比べて時間はかかりますが、ディスク使用領域はより軽減されます。

  • Q5.サービスパックディスクは破棄してもよいか。

    A5.
    念のため最新ナンバーのディスクはお手元に残し、それより古いものは破棄していただいてかまいません。

  • Q6.ホームページからサービスパックをダウンロードしたいがeトレのパソコンがインターネット接続できない。

    A6.
    別にインターネット接続可能なパソコンとUSBメモリーなどのリムーバブルがあればダウンロード・インストールが可能です。別のパソコンでダウンロード保存したサービスパックをリムーバブルメディアでeトレのパソコンのデスクトップに移して、インストールしてください。

  • Q7.問題データをダウンロードしたが、完了したのかわからない。

    A7.
    ダウンロードが完了すると「完了しました」と表示されます。また、パソコンのタスクバーにeトレアイコンが表示されていれば進行中です。アイコンクリックすると詳細な進行状況が確認できます。