8月のおすすめカリキュラム

トロピカルジュース
8月は、学校の進度を気にせずに必要な勉強を進められる時期です。

1学期の復習はもちろん、弱点補強や入試のための復習、さらには高い学力をつけるための実践的な演習など、一人ひとりに応じた学習にeトレをフル活用してください。

また、受験生は計画的な個別カリキュラムで、得意科目の強化と弱点補強を徹底していきましょう。

小学低学年

【算数】

<1年生>
「10までのたしざんとひきざん」を復習しましょう。
夏休み後半には「20までのかず」「こたえが10よりおおきいたしざん」の練習を始めましょう。

<2年生>
「たし算やひき算のひっ算」を、復習しましょう。
夏休み中に九九を練習するのも良いでしょう。

<3年生>
「わり算」の復習をしましょう。
「あまりのあるわり算」でつまずく生徒が多いので、確実に解けるようにしましょう。
「大きな数」の予習を始めるのも良いでしょう。

【国語】

<1・2年生>
引き続き、「漢字・語句」「書き順」で、漢字学習の習慣づけを行いましょう。
また、文章問題シリーズで読解の基本を身につけていきましょう。

<3年生>
引き続き、「漢字・語句」で、漢字をしっかりと覚えましょう。
文章問題シリーズで読解力を高めていきましょう。

小学高学年

【算数】

<4年生>
「わり算の筆算」を復習しましょう。
図形の単元は楽しく勉強が進む分野ですので、計算の単元と組み合わせるのも良いでしょう。

<5年生>
「体積」「平均」「単位量」「小数のかけ算とわり算」「角度」など、重要な単元が目白押し。
忘れていることも多いので、しっかり復習しましょう。

<6年生>
「分数のかけ算とわり算」は、中学の「正負の数の計算」でつまずきやすい内容です。
徹底的に復習して、定着を図りましょう。

【国語】

<4年生>
引き続き、「漢字・語句」文章問題シリーズを組み合わせて、国語力を高めましょう。

<5・6年生>
教科書準拠シリーズで、漢字をしっかりと復習しましょう。
また、文章問題シリーズで読解力も高めましょう。

中学入試対策

【4年生】

引き続き、Aシリーズに取り組んでいきましょう。
夏休み中の目標を決め、しっかり学習を積み重ねる習慣をつけましょう。
算数での理解不足は、標準単元で基礎を固めましょう。

【5年生】

Aシリーズが途中なら、夏休み中に終了できるように計画を立てましょう。
Bシリーズに取り組んでいる場合は先を進めつつ、今まで学習した単元の復習・定着を図りましょう。

【6年生】

志望校に応じて、A・B・Cシリーズを使い分けましょう。
A・Bシリーズは偏差値50程度まで、Cシリーズは偏差値50以上の中学を志望する場合に取り組みましょう。
2学期からは過去問を使った実践的な練習も必要となるので、できるだけ夏休みの間に一通り学習を済ませましょう。

中学生

【英語】

1学期の復習をしっかりと行い、まとめシリーズに取り組みましょう。
さらに、余裕がある場合は英文法シリーズで、教科書から離れた英語の実力アップを図っていきましょう。
英語が苦手なら入門シリーズに取り組みましょう。

<3年生>
入試頻出の内容について、まとめシリーズや英文法1・2年でしっかり復習しましょう。
英単語・熟語は高校入試重要英単語600・高校入試重要英熟語300で単語力をアップするトレーニングをしましょう。

【数学】

まとめ単元で、今までの復習をしましょう。
理解不足と感じたら標準単元に戻って、確実に解けるようにすることが大切です。
数学が苦手なら入門シリーズのチェックだけを進めて弱点を見つけましょう。

【理科・社会】

理科の物理・化学分野を苦手とする生徒は多いです。
標準単元で夏休みまでの復習をしておきましょう。
理科が苦手なら入門シリーズがおすすめです。

社会や理科の生物・地学分野など暗記中心の単元は次回の定期テスト範囲を標準単元で取り組みましょう。

【国語】

<1・2年生>
1学期の復習として、教科書準拠の漢字シリーズに取り組みましょう。
忘れている漢字は意外と多いので、反復して確実に書けるようにしておきましょう。
また、文章問題シリーズに取り組んで読解力を高める練習をしましょう。

<3年生>
入試頻出の内容について国語文法のまとめでしっかり復習しましょう。

高校1・2年生

【英語】

「英文法基礎演習」で、今までの復習と同時に実力アップを目指した学習に取り組みましょう。
英語が苦手な場合は、辞書を使いながら「長文演習」のレベル1から取り組むのもおすすめです。

【数学】

1学期の復習をしっかり行いましょう。
数学が苦手なら、繰り返し学習しましょう。
理解ができているなら「練習」シリーズでさらに定着を図ったり、2学期の予習を行ったりしましょう。

【物理・化学・生物】

「基礎」「標準」で、学校の進度に合わせた学習をしていきましょう。

【日本史・世界史・地理・政経】

引き続き、「基礎演習」に取り組んでいきましょう。

【古文・漢文】

引き続き、古文は「文法基礎」、漢文は「句法基礎」に取り組みましょう。
得意なら「文法基礎演習」「句法演習」など、それ以降のシリーズで学習するといいでしょう。

高校3年生

【センター試験対策】

12月までに「センター試験対策」シリーズを繰り返し学習しましょう。
反復することによって、解答時間を短くするトレーニングになります。

【私大・2次対策】

夏から本格的に入試の準備に入る場合、「演習」シリーズ「難関大対策」シリーズを活用しましょう。
「演習」シリーズは中位程度まで、「難関大対策」シリーズは上位大学を狙う生徒にそれぞれ対応しています。