9月のおすすめカリキュラム

お月見
あっという間に夏休みも終盤ですね。そしていよいよ9月、中1は学習内容の難易度が上がってきて定期テストが本格的なものになってきます。
中2や高2は半年後に受験年度を迎えるので、勉強のペースをつかんでいきたい時期ですね。
受験生は「内申を確保すること」と「入試のための復習」が大きなテーマになります。
学校の授業や行事、そして定期テストと忙しい時期ですが、明確な目標を持って9月をしっかり乗り切っていきましょう。

小学低学年

夏休みが明けてからもペースを崩さずに勉強できるかがポイントです「連続満点に挑戦」など高いレベルでゲーム性を持たせるのも、集中力を維持させる工夫の一つです。

【算数】

1年生は、10より大きい数字のたし算やひき算が始まります。標準単元で考え方をしっかりと確かめましょう。図形や長さ・かさの単元は作業中心で楽しめる内容です。数や計算の単元と組み合わせて、算数を楽しませましょう。
2年生は、水のかさや三角形と四角形、たし算とひき算のひっ算に取り組みます。標準単元を使った学校進度に合わせた学習で、しっかりと練習をしていきましょう。
3年生は、1億までの数やかけ算のひっ算、あまりのあるわり算、重さ、時間と長さなど、教科書によって様々な内容を扱います。いずれも標準単元でしっかりと身につけましょう。

【国語】

漢字・語句の単元と筆順の単元で漢字学習の習慣づけをしっかりと行いましょう。また、文章問題の単元で読解の基本を身につけていきましょう。

小学高学年

【算数】

4年生は、がい数、小数、2けたでわるわり算のひっ算などに取り組みます。図形の領域では面積が登場。少しずつ難しくなってきます。算数に苦手意識を持たせないように解くスピードは重視せず、じっくりと取り組ませましょう。また、2次元の表や折れ線グラフを扱うこともあります。これらは理科や社会にも生きる内容ですので、しっかりと取り組ませましょう。
5年生は倍数と約数、分数のたし算とひき算、単位量当たりなど、しっかり理解しないとその後の影響が大きい内容が続きます。自分で問題を解いてみると、理解の不十分だった箇所が見つかり理解が深まるものです。標準単元を繰り返し取り組ませましょう。
6年生は比、比例と反比例、速さなど中学の数学に直結する内容が目白押しです。また図形領域でも、重要度の高い円の面積を学習したり、拡大図と縮図といった比や割合に関連した内容に取り組んだりします。授業を受けただけでは理解が定着しにくい分野なので、算数上位者の中でも差がつくポイントです。標準単元を徹底活用して、高い学力を身につけさせましょう。

【国語】

4年生は、漢字・語句と文章問題を組み合わせて、国語力を高めましょう。
5・6年生は準拠版シリーズで、漢字をしっかりと復習しましょう。一度学習した内容でも、時間がたつと忘れてしまいます。リトライやリチェックだけを使ったコースなどで、反復練習をさせるのも良いでしょう。
漢字100題テストを使えば、前期(教科書上巻)のまとめの漢字コンテストなどを実施することができます。漢字50題テストも併せてご活用いただき盛り上げてください。

中学入試対策

【4年生】

夏休みの学習を終えて、少しずつ受験生らしくなってきた頃でしょうか。Aシリーズに引き続き取り組んでいきましょう。学習習慣が身についた生徒には、普段の学習を進めるとともに、これまでの学習の中で見つかった弱点の補強にも取り組ませましょう。まだ取り組みが甘い生徒には、低めのハードルを設定して取り組ませクリアした達成感を持たせるとともに、プラスの評価を与えて認めてあげるのがいいでしょう。eトレプリント1枚から始めてみてください。

【5年生】

考え方もしっかりし始める時期を迎えます。Bシリーズを引き続き計画的に学習し、入試必須事項を一つずつ身につけていきましょう。算数では割合や比などの学習が5年での学習の一つの大きな柱です。理解不足の単元が見つかったときには、標準単元に戻って基礎を固め直すのもいいことです。まだ時間はありますので、焦らずじっくりと理解させましょう。

【6年生】

模試や過去問による実践練習を行う時期に入ります。どちらも結果を分析し、弱点補強の学習をさせましょう。A・Bシリーズは偏差値50程度までの中学を志望する生徒、Cシリーズは偏差値50以上を志望する生徒に適しています。弱点補強の学習が終わったら、得点を伸ばしたい科目に狙いを定め、eトレを計画的・継続的に利用して、合格ラインをクリアするための学習に取り組んでいきましょう。

中学1・2年生

夏休みが終わり、次の定期テストが近づいてきました。中学3年間を見通したとき、1年生は今回のテストがひとつの分岐点になります。1学期の結果が良かった生徒が油断して失敗したり、1学期に失敗した生徒が結果を出して自信を取り戻したりと、大きな変動が起こりやすいためです。
先生方のリードで、早め早めに取り組ませて上手に乗り越えさせていきましょう。理想は2週間前から準備を始めること。生徒に任せると、直前に慌てて勉強して「間に合わない」となるのが目に見えています。eトレで計画的に学習させてください。

【英語】

教科書の新しいセクションに入ったら、準拠版シリーズを使って単語と基本文を徹底的に学習し、次の定期テストに向けた学習を進めましょう。定期テストまでに、一つのセクションに3回は取り組むと安心です。2回目以降はチェックのみで確かめればOKです。

【数学】

中1生は方程式が中学数学で出会う最初のヤマです。テストでも、点数が急に下がることがしばしばあります。「これまで順調だから」といって油断している生徒には、eトレで刺激を与えましょう。中2生は1次関数や平行線と角などの単元を学習します。応用問題などは難易度の高いものもありますので、標準問題を使ってまんべんなく解けるようにしていきましょう。

【理科・社会】

1年生では水溶液の性質や物質の状態変化など、生徒の理解に差の出やすい内容を学校で学習します。学習した直後に標準単元で学習し、一つずつ理解を進めていきましょう。2年生は体のしくみや動物について学習します。覚えることが多いので繰り返し解いていくようにしましょう。
社会は記憶を定着させるために何度も取り組ませてください。次回の定期テスト範囲と予想される箇所から標準単元に取り組みましょう。

【国語】

中学国語の目的別コースでは、教科書準拠の漢字に加え、文法や古文が教科書単元順に配置されていますので、定期テストに向けてご活用ください。

中学3年生

【定期テスト対策】

2学期に学習する単元は入試に直結する内容でもあり、内申の確保という点でも重要な要素となります。決して手を抜かず、しっかりと学習を進めてください。英語は教科書準拠の単語単元で予習を進め、学校や塾で習ったあとは同じく教科書準拠の文法単元で復習を行いましょう。数学は2次関数や相似に入りますので、不明な点を残さぬように標準単元を利用して確実にモノにしていきましょう。

【入試対策】

夏期講習に引き続き、標準シリーズから入試頻出の重要単元に絞って、1・2年生の復習を10月中に終わらせられるように取り組んでいきましょう。中3の内容については11月~冬休み前までの期間に、英語は文法編を、数理社はまとめ単元を利用して復習しましょう。

高校1・2年生

進路選択に応じて、入試のカギを握る科目の強化を

【英語】

長文演習、文法基礎演習に取り組んでいきましょう。上位校の生徒や英語が得意な生徒は定期テスト対策で英文法演習を進めてみるのも良いでしょう。学校で単語の学習をしていない場合には、単語シリーズにも取り組み始めましょう。単語はCレベルがセンター試験レベルです。

【数学】

高1・2生はⅠA基礎ⅠA標準、ⅡB基礎やⅡB標準を使って学習を進めましょう。理解ができている生徒には練習シリーズにも取り組ませてください。

【物理・化学・生物】

〇〇/基礎や○○/標準を使い、学校の進度に合わせた学習をしていきましょう。入試を見据えるなら復習による学力の定着を、定期テスト対策ならテスト範囲に合わせた予習を目標としましょう。

【日本史・世界史・地理・政経】

基礎演習に取り組んでいきましょう。教科書や資料集を傍らに準備しておき、疑問点を確認しながら進めるとさらに理解が深まります。上位校の高2生は演習シリーズに取り組んでください。入試に必要な学力を身につけることができます。

【古文・漢文】

古文は文法基礎、漢文は句法基礎に取り組ませてください。得意な生徒は文法基礎演習句法演習など、それ以降のシリーズに取り組むといいでしょう。古文は単語シリーズも併用して進めると効果的です。

高校3年生

入試対策シリーズをフル活用して、徹底的に問題演習をしていきましょう。

【センター試験対策】

遅くとも11月までにはセンター対策シリーズをひと通り学習できるような計画を立てましょう。ただし、それで終わりではありません。そのあとは、反復学習で時間短縮と記憶の定着を図ることが必要です。eトレのセンター対策は過去問を利用しているのではじめは解けない問題も多いと思いますが、ラーニングで分からなくてもステップで、ステップで分からなくてもチェックで、だんだん分かるようになってきます。「はじめは分からないのが当たり前」、「繰り返し学習する中でだんだん解けるようになってくるもの」、それぐらいの気持ちで取り組ませましょう。

【私大・2次対策】

文系科目は演習シリーズや難関大対策シリーズ、理系科目はセンター対策を活用しましょう。理系科目のセンター対策には2次、私大の過去問も含まれているので基礎固めに最適です。数学では、一つの問題に時間をかけすぎることは得策ではありません。解けないときには、解答解説を読んで解法を一つずつ身につけていきましょう。また、eトレでは問題形式を記述式ではないものにしていますが、国公立大受験生はきちんと記述形式の答えを書いて、解説と比べて練習を行ってください。