8月のおすすめカリキュラム

トロピカルジュース
8月は塾にとって、学校の進度を気にせずに、個々の生徒の状況に応じて必要な勉強を進められる時期ですね。

小学1年生から高校3年生まで、1学期の復習はもちろん、弱点補強のための復習、入試のための復習、さらには高い学力をつけるための実践的な演習など、一人ひとりに応じた学習にeトレをフル活用してください。

また、受験生には入試までの長い期間を見通して、計画的な個別カリキュラムで、得意科目の強化と弱点補強を徹底していきましょう。

小学低学年

【算数】

1年生は、10までの数のたし算とひき算をしっかり復習しましょう。
標準単元が終わっている生徒はまとめ単元にも挑戦しましょう。
夏休み後半になったら算数1年マル3分野の「20までのかず」と算数1年マル4分野の「こたえが10よりおおきいたしざん」を使って練習を始めましょう。

2年生は、たし算やひき算の筆算を、標準単元とまとめ単元をフル活用して徹底的に身につけましょう。
2学期からはかけ算が始まりますので、夏休み中に九九を特訓するのも良いでしょう。

3年生は、とにかくわり算の特訓です。
標準単元とまとめ単元をフル活用して徹底的に身につけましょう。
あまりのあるわり算でつまずく生徒が多いので、確実に解けるようにすることが大切です。
2学期から学ぶ大きな数の予習を始めるのも良いでしょう。

【国語】

1、2年生は、漢字語句の単元筆順単元で漢字学習の習慣づけをしっかりと行いましょう。
また、文章問題の単元で読解の基本を身につけていきましょう。

3年生は、漢字語句の単元で、漢字をしっかりと覚えましょう。
1、2年生の範囲のチェックだけを使った、総復習コースも有効です。
文章問題の単元も利用して読解の力を高めていきましょう。

小学高学年

【算数】

4年生は、わり算の筆算を徹底しましょう。
標準単元で何度も復習し、まとめ単元にも挑戦しましょう。
図形の単元は楽しく勉強が進む分野ですので、計算の単元と組み合わせるのも良い方法です。

5年生は、体積、平均、単位量、小数のかけ算とわり算、角度など、重要な内容が目白押し。
忘れていることも多いので、標準単元のチェックで覚えているかどうかを確かめ、必要に応じてラーニングやステップからやり直しましょう。
理解できているならまとめ単元で復習です。

6年生の分数のかけ算とわり算については、中学に入ってから「正負の数の計算」の中でつまずく生徒も少なくありません。
標準単元とまとめ単元を徹底利用して、今のうちにしっかりと定着させましょう。
また、標準的な学力の生徒には、より高い学力を身につけさせるために、標準単元とまとめ単元を活用して円の面積や比、拡大図・縮図などに取り組ませましょう。

【国語】

4年生は、漢字語句文章問題の単元を組み合わせて、国語力を高めましょう。
3年生のまとめ単元を使って復習することもこの時期なら可能です。

5、6年生は教科書準拠版の単元で、漢字をしっかりと復習しましょう。ステップ1は読み問題ですので、「ステップ1総復習コース」とすれば漢字学習を楽しく行えます。
「ステップ2書き問題総復習コース」はハイレベルコースとして生徒に意識づけをしてから取り組ませると、解けたときの充実感が高まります。
漢字コンテストなどのイベントのために、漢字50題テスト漢字100題テストも用意されています。
ぜひご利用ください。
また、文章問題の単元で読解力も高めましょう。
国語が得意で、全部解いてしまったという生徒には、試しに中学入試対策シリーズにも挑戦させてみてください。たくさんの文章問題に挑戦することができます。

中学入試対策

【4年生】

Aシリーズに取り組んでいきましょう。
夏休み中の目標とする単元を決めて、毎日しっかりと学習を積み重ねる習慣をつけましょう。
算数で理解不足の単元が見つかったときは、場合によっては標準単元に戻って基礎を固めることも大切です。

【5年生】

Aシリーズが途中の生徒は夏休み中に終了できるように計画を立てましょう。
Bシリーズに取り組んでいる生徒は先を進めるとともに、今までやった単元について、チェックやリチェックだけの目的別コースも活用して、復習、定着を図ってください。

【6年生】

A、B、Cシリーズを志望校に応じて使い分けてください。
A、Bシリーズは偏差値50程度までの中学を志望する生徒、Cシリーズは偏差値50以上を志望する生徒に取り組ませましょう。
2学期からは過去問を使った実践的な練習も織り交ぜていかなければなりません。
できるだけ夏休みの間に一通り学習を済ませ、2学期には復習として取り組めるようにしましょう。

中学1・2年生

夏休みは英語、数学をまとめ直す絶好の時期です。

【英語】

中1、中2は1学期の復習をしっかりと行いましょう。
平均点以上の理解ができている生徒には、まとめ単元に取り組ませてください。
さらに、理解度の高い生徒には英文法シリーズを使って教科書から離れた英語の実力アップを図っていきましょう。
また、英語を苦手としている生徒なら、入門英文法に取り組ませましょう。
入門英文法は、英語学習の一般的な流れである「覚えてから練習・テスト」ではなく、「問題を解きながら覚える」ものになっています。
英語が苦手な生徒は、理解できないというより覚える努力をするのが苦手というケースが多いと思います。
まずは、中1の最初から取り組み直し、英語に対する自信を持てるようにする、そんな夏休みにしてあげてください。
夏休み後半に2学期のテストの準備を始めるなら、単語コース、標準コース、標準+作文コースの3つの目的別コースも上手に利用して、生徒の理解度に応じた効果的なテスト対策講習を実施してください。

【数学】

まずはまとめ単元を利用して、今までの復習をしていきましょう。
理解不足と感じた単元は標準単元に戻って確実に解けるようにすることが大切です。
また、数学が苦手な生徒には入門シリーズのチェックだけを進めて弱点を発見しましょう。
苦手単元が見つかったらラーニング、ステップに戻ってしっかりと補強していきましょう。
数学が得意な生徒には標準単元のチャレンジにも挑戦させてください。

【理科・社会】

理科の物理、化学分野については苦手な生徒も多いところ。
標準単元を利用して夏休みまでの復習をしておくことが、入試のための力になっていきます。

社会や、理科の生物、地学分野などの暗記中心の単元は、次回の定期テスト範囲と予想される箇所から標準単元に取り組みましょう。
テストに出ない範囲を覚えようとすると、テスト範囲の学習に時間不足をきたすことが起こりがちです。
また、覚えることが多すぎて余計な負荷もかかります。暗記分野は、次回のテストに向けて何回も反復できるように取り組むのがお勧めです。

【国語読解・文法】

1学期の復習として教科書準拠の漢字シリーズに取り組みましょう。
すでに学習済みの単元でも忘れている漢字は意外と多いものです。
反復して確実に書けるようにしておきましょう。
また、普段はなかなか取り組むことが少ない文章問題シリーズに取り組んで読解力を高めておくのもお勧めです。

中学3年生

いよいよ高校入試対策のスタート。まずは1、2年の復習から始めましょう。
中学3年のこの時期、1、2年の内容については、ほぼ忘れてしまっているのが一般的です。
入試頻出の内容について、各教科のまとめ分野や英文法1、2年、国語文法のまとめなどを使ってしっかりと復習してください。

英単語については、高校入試重要600が好評です。
ラーニングを事前に渡しておけば、単語暗記を宿題として、教室に来たときにステップのプリントでテストを行うことができます。
単語力のアップにもeトレは活躍します。
苦手な箇所が見つかったら、標準単元を利用して理解できるまでしっかりと取り組みましょう。
3年1学期までの復習は10月中をめどに終わらせられるように、計画を立てるのが目安です。

また、学習が完全に遅れてしまっている生徒のために、英語と数学には入門シリーズが用意されています。
入試直前になって「基礎だけはできるようにしてやりたい」という生徒も少なくないでしょう。
夏のうちから「基礎だけは身につけよう」という意識を持たせて、この2つの分野に取り組ませてください。

苦手教科の学習にとらわれず、まずは得意科目の鍛錬を
さて、入試は5教科の勝負になるのが一般的です。
全教科にまんべんなく取り組むことができれば理想的ですが、時間的にそれが難しい場合はやる教科を絞る必要も出てくるでしょう。
その場合には、必ず得点源となる教科の実力アップを優先してください。
苦手教科の克服には長い時間がかかるものです。
下手をすれば入試までかかるかもしれません。
それに比べて、得意教科、好きな教科は集中力も続きますので、短期間で実力がアップする生徒も珍しくありません。

一方、保護者の方の関心はどうしても苦手科目に行きがちです。
そのニーズに答えることも必要だという面も否定できません。
保護者にしっかりと作戦を理解していただき、弱点補強と同時に、効果的な総合力アップの作戦を立て、夏休みを得意科目の強化に活用していきましょう。

高校1、2年生

進路を見据え、入試のカギを握る科目の強化を
夏休み、部活などがあると生徒はそれほど多くの時間を勉強に割くことができないことと思います。
また科目の内容が多い高校では、内容を絞った学習を行うことになります。
先の進路選択の幅を広くするためには、やはり英語と数学の基礎を身につけたいところ。
この2科目を中心に、希望に応じて理科、社会、古典の学習に取り組ませてください。

【英語】

夏休みは、学校の勉強を気にせず、英語の実力を磨くチャンスです。
英文法基礎演習を使って、今までの復習と同時に実力アップを目指した学習に取り組みましょう。
また、英語が苦手な生徒は辞書を使って長文演習のレベル1から取り組むのもお勧めです。
はじめて見る英文の訳出を自力で行うことは、英語の感性アップに大きく役立ちます。

また、暗記の要素が少ないため、学習が止まってしまうことがありません。
3つのレベルにわかれており、どの学年でも取り組みやすくなっています。
文法、長文、単語ともに学校から離れた学習になります。
夏休みの間の目標単元を生徒ごとに示し、しっかりと取り組ませてください。

【数学】

1学期の復習が肝心です。数学に苦労している生徒は、2回は繰り返して学習をさせてください。
理解ができている生徒は練習シリーズで更に定着を図ったり、先を進めて2学期の予習を行ったり、一つ上のシリーズに取り組ませたりしてください。
レベル別に、基礎、標準、応用の3シリーズが用意されています。

【物理・化学・生物】

〇〇/基礎や○○/標準を使い、学校の進度に合わせた学習をしていきましょう。
入試のためなら復習による学力の定着を、定期テスト対策ならテスト範囲に合わせた予習を、それぞれ目標としましょう。

【日本史・世界史・地理・政経】

基礎演習に取り組んでいきましょう。
教科書や資料集を傍らに準備しておき、疑問点を確認しながら進めていくとさらに理解が深まります。
上位校の高2生は演習シリーズに取り組んでください。
入試に必要な学力を身につけることができます。

【古文・漢文】

古文は文法基礎、漢文は句法基礎に取り組ませてください。得意な生徒は文法基礎演習句法演習など、それ以降のシリーズに取り組むといいでしょう。
古文は単語シリーズも併用して進めると効果的です。

高校3年生

入試対策シリーズをフル活用して、徹底的に問題演習をしていきましょう。

【センター試験対策】

12月までに、センター試験対策シリーズ最低3回は繰り返したいもの。繰り返すことによって解答にかかる時間が短くなっていきますので、本番で余裕が生まれます。
9月から学校行事が増えることを考えると、夏休みの間に2、3科目については一通り学習が済んでいることが理想的です。

【私大・2次対策】

夏から本格的に入試の準備に入る場合、演習シリーズ難関大対策シリーズを活用します。
演習シリーズは中位程度の大学まで、難関大対策シリーズは上位大学を狙う生徒に、それぞれ対応します。
それ以外の大学を受験する場合には基礎演習を徹底した方がよい場合もありますので、志望校に応じた取捨選択を行い、個別カリキュラムを組んでください。