12月のおすすめカリキュラム

中高生は、12月に定期テストが実施される学校もあるので、まずは定期テストの準備を早めに始めましょう。また、中学3年生は、内申点が決まったり、志望校決定の三者面談があったりと、なんとなく落ち着かない日々が続きます。しっかりとした意志を持って、志望校の決定から受験へと臨んでほしいと思います。

また、大学受験生は、年明けすぐにセンター試験があり、いよいよ入試本番です。残り1か月を切ったら、新しい問題にチャレンジして時間を費やすより、これまで時間をかけて理解してきた事項をしっかり引き出すことができるよう、復習に時間を割くのが得策です。同時に、2次試験や私大入試の学習を進めておきましょう。

小学生は、6年生は中学進学の準備として5、6年の復習にしっかり取り組みましょう。ほかの学年は、2学期に学習した内容がしっかりと身につくよう、冬休みを利用して練習を繰り返してください。

小学低学年

【1年生】

算数は、学校では引き続き、繰り下がりのある引き算に取り組みます。また「広さ」について扱うこともあると思います。塾では、今年の4月から学習した内容の復習として数、足し算、引き算などに取り組みましょう。その際、文章問題にもしっかり取り組んで、計算の意味をもう一度確かめさせてください。標準単元のチェックを使って総復習をしたり、まとめ単元を利用したりしてもれなく復習しておきましょう。

国語は引き続き、文章の読みとり問題漢字・語句単元、そして筆順単元を合わせて学習させ、国語の学力の基礎を固めましょう。

【2年生】

算数は、学校では引き続き、九九の表、三角形・四角形に取り組みます。また、塾では、たし算、ひき算の筆算やかけ算、かっこの使い方など、計算の復習を行いましょう。できれば、文章題にも取り組ませてください。単元が多いので、標準単元のチェックだけを使った復習や、まとめ単元を利用した学習を行いましょう。

長さや体積の単位についての復習も大切です。単位を変えることに苦手意識を持つ生徒も多いものです。内容が易しいうちに感覚を身に付けさせましょう。

図形はまだ難しい内容は出てきませんので、ほかの単元の合間に気分転換の意味も含めて取り組ませると良いでしょう。

国語は引き続き、文章の読みとり問題を1単元取り組みましょう。漢字・語句単元筆順単元を合わせて、国語力をアップしましょう。

【3年生】

算数は、けた数の多い計算の総復習をしておきましょう。たし算、ひき算、かけ算、わり算のどれをとっても反復練習をして損をすることはありません。標準単元のチェックだけを使った復習や、まとめ単元を利用した学習をしましょう。単位も長さ、重さと種類が増えてきます。機会を設けてまとめて復習してみましょう。

また、表とグラフの読みとり、分数、円と球など新しい考え方を学校で学習したときには、それに合わせてeトレの標準単元に取り組ませてください。

国語は、漢字・語句単元文章問題を組み合わせて、国語力を高めましょう。

小学高学年

【4年生】

算数は、わり算の筆算と、小数のかけ算・わり算(未習の場合には、たし算・ひき算)の総復習をしておきましょう。その場合は標準単元のチェックだけを使った復習や、まとめ単元を利用した学習が良いでしょう。計算のきまりは、扱いが小さいですが、意外と盲点になりやすいところです。計算の復習の中に必ず組み込んでいきましょう。

また、平面図形を学習する生徒も多くなると思います。およその角度をつかむ感覚や図形の定義をしっかりと身に付けましょう。

国語は、漢字・語句単元文章問題を組み合わせて、国語力を高めましょう。

【5年生】

算数は、面積や、三角形・四角形の角、割合などの学習がだいぶ進んでくる時期です。標準単元のチェックだけを使った復習で、忘れないうちに定着させていきましょう。また、比例や帯グラフ・円グラフ、平均など新しい考え方を学校で学習したときには、それに合わせてeトレの標準単元に取り組ませてください。

計算についても、小数のわり算や分数のたしひき、分数と整数のかけわりなど、つまずきやすいものが目白押しです。まとめ単元を利用しながら、割合・図形の復習と組み合わせて、もれのない算数力を身に付けましょう。

国語は、漢字・語句単元と文章問題を組み合わせて、国語力を高めましょう。教科書準拠版の漢字50題テストや100題テストは、冬休みのイベントにもぜひご利用ください。

【6年生】

算数は、計算、単位変換、割合、速さ、図形など、小学算数の総復習に取り組みましょう場合の数や資料のしらべ方など新しい考え方を学校で学習したときには、eトレもそれに合わせて標準単元に取り組ませてください。

国語は、漢字・語句単元と文章問題を組み合わせて、国語力を高めましょう。早く学習が終了してしまったときには、別の教科書の50題テストや100題テスト、または、中学入試対策シリーズAにも挑戦してみてください。

 

中学入試対策

 

【5年生】

月末までにBシリーズを完成させることを目指し、冬休みを有効活用して、どんどん学習を進めておきましょう。2月になると、いよいよ入試まで残り1年です。1年間を充実したものとするためには今の時期、次の2つの点を目標としてください。1つは、得意科目を磨き上げること、もう1つは、苦手科目も基礎だけは身に付けることです。

中学受験対策はどうしても時間がかかりますので、一度学習したものを忘れないようにすることが大切です。しっかり学習時間を確保して、ラーニングだけを見直す復習コースなどもカリキュラムに組み込んで、反復学習を行いましょう。算数はまとめの復習問題も用意しています。理科・社会はチェックを総ざらいして、合計の正答率で目標を立てて取り組むというのも、目先が変わってお勧めです。

【6年生】

過去問の学習と、合格点を獲得するための総仕上げが続きます。第一志望だけではなく、第二・第三志望の学校の傾向に合わせた学習も必要になってくる時期です。得意科目は過去問を中心に取り組んでしっかり伸ばし続け、苦手科目はeトレ中心に弱点補強を続けていきましょう。

完璧な状態で入試に臨める生徒はほとんどいないものです。1問でも多く解ける問題を増やすため、焦ったり、あきらめたりせず、落ち着いて取り組んでいきましょう。

中学生

【英語】

教科書に合わせた準拠版シリーズを使った学習と並行し、冬休みを利用して文法編に取り組みましょう。学年末テストでは1年間の文法内容が出題されますので、冬休みのうちに少なくとも半分の内容は確認しておきたいところです。

また、まとめ単元で単語や基本文を一気に復習するのもお勧めです。

【数学】

中1は平面図形から立体へと学習が進みます。立体は中学3年間を通じて学習時間が少ない内容で、中2では登場しません。中1の内容は、標準単元を利用し、学校進度に合わせて身に付けておきましょう。冬休みには、学年末テストの準備として文字式や方程式などの復習も行いましょう。一方、中2・中3は引き続き図形分野がヤマですので、しっかり練習を積みましょう。特に中3内容は、すぐ後に控えている入試にも頻出です。相似や三平方の定理標準単元を利用して確実に身に付けましょう。

【理科・社会】

理科は12月から1月にかけて、1、2年生ともに物理分野から地学分野に学習が進んでいくことが多いです。地学分野は難しく感じる生徒が多い単元なので、早めに標準単元で学習を行い、理解を深めましょう。もちろん繰り返して覚えていくことも大切です。

社会も同様に記憶の定着を図りましょう。テスト前にバタバタしなくて済むように、普段から社会も学習しておくのが理想です。

【入試対策】

中1から中3までの復習を冬休み前に一通り済ませ、いよいよ冬休みからは入試直前演習を使った総まとめを行いましょう。入試直前演習はAからCの3シリーズが用意されており、Aがよりオーソドックスで答えやすい問題、BからCに進むにしたがって、記述式問題が増えたり、応用問題のレベルが上がったりします。各シリーズとも、一通りの内容を学習できるように問題が配列されていますので、Aシリーズは必須とし、BやCはAでできなかった箇所をクリアした後に取り組んでいきましょう。

高校1・2年生

進路選択に応じ、入試のカギを握る科目の強化を

進路選択や志望校選択などが具体性を帯びてきて、主に入試で使うと考えられる科目に取り組むようになってきます。もちろん推薦を狙って学校の定期テストでの高得点を目指す生徒もいるでしょう。いずれにせよ、どの単元ももれなく学習をしていかなければなりません。特に高2は、高3になってからの1年間をできるだけ実践的なトレーニングに充てたいところです。標準単元のうち、今のうちにできることを確実に済ませていくことが大切です。

【英語】

長文演習、文法基礎演習に継続的に取り組んでいきましょう。文法は高1、高2のうちには一通り終わらせておきたいところです。そして高3では、英文法演習で入試に直結するような文法と語法を身に付けていきましょう。単語シリーズには入試前まで繰り返し取り組みましょう。

【数学・物理・化学】

内容が進むに従って、理解が進む生徒と苦しくなってくる生徒に分かれていきます。しかし、これらの科目は基本事項さえできれば学習の半分は終わったようなもの。つまずいたときには欲張らず、基本を反復練習しましょう。「基礎」「基礎練習」シリーズは基礎だけを徹底するには最適です。もちろん基礎をクリアしている生徒には、「標準」「標準練習」シリーズにもしっかり取り組ませましょう。

また、学校で学習する前にラーニングで予習をしておくのも有効です。より高いレベルを目指すことができますので、これまで予習の習慣がなかった生徒には、一度試してみてください。

【日本史・世界史・地理・政経】

基礎演習に取り組んでいきましょう。教科書や用語集、または、資料集を傍らに準備しておき、疑問点は確認しながら進めるとさらに理解が深まります。ラーニングを見ながら覚えるのではなく、問題を解きながら覚えるのがコツ。計画的な復習ができればさらに理想的です。

【古文・漢文】

高1には古文・漢文基礎に取り組ませてください。高2は、それ以降のシリーズに取り組むといいでしょう。古文単語のシリーズで語彙を増やしていくことも有効です。

高校3年生

入試対策シリーズをフル活用して、徹底的に問題演習をしていきましょう。

【センター試験対策】

いよいよ入試の雰囲気が漂い始める時期。センター試験対策シリーズをしっかり完成させましょう。センター試験は時間との戦いという面もあります。反復練習をして解答時間を短縮するのは得点アップには効果的。数学や物理、化学などの問題は解法がさっとひらめくまで繰り返しましょう。なお英単語はCレベルまで、英文法演習は最後まで取り組んでください。

【私大・2次対策】

いよいよ入試直前の時期ですが、12月はまだ余裕があります。引き続き、一日一日、新しい問題にチャレンジして、解法を一つでも多く身に付けましょう。これからの時期は、1問ずつ演習を積み上げる以外の学習はありません。焦らないことが肝心です。

学習には演習シリーズや難関大対策シリーズを活用します。各科目、1つの問題に時間をかけすぎることは得策ではありません。少し考えて解けないときには、解答解説を読んで、解法を確かめましょう。

eトレの問題形式は記述式ではありませんが、記述形式での出題がある大学を受験する場合には、記述形式の答えを書いて解説と比べてみてください。

 

  ★過去問を使った演習・難関大対策シリーズの利用法のヒント★

理系の演習・難関大対策、文系の難関大対策各シリーズは、入試の過去問を使った実践練習となっています。基礎から積み上げていくようなものではありませんので、他のシリーズと違った利用法があります。大きくは次の2通りの学習方法がありますが、現役の受験生には「方法1」がお勧めです。

※英語や社会の演習シリーズは、「方法2」が適しています。

(方法1) まず、ラーニングだけまたはステップ1だけを学習します。それが一通り終わったら、次はステップ2だけの学習をしましょう。同様に学習してステップ3まで進められれば理想的です。大学ごとの出題傾向に合わせて得点力アップを狙いましょう。

(方法2)ラーニングからチェックまでを、eトレのオーソドックスな学習の流れに沿って進めます。