教室タイプ別 eトレ運用方法

先生ひとりで10人以上

自由な教室レイアウトで利用できます

eトレに必要な機材はパソコン1台とプリンタ1台だけです。

この1セットで先生1人で10名以上の生徒対応が可能になるため、一般的な一斉指導教室やブースで仕切られた個別指導教室、また自宅のリビングなど小さめの部屋でのグループ指導など、あらゆるタイプの教室でeトレは利用可能です。

eトレはどんな教室でも自由なレイアウトで利用することができます。

・一斉指導タイプの大きな教室

・ブースで仕切られた個別指導の教室

・自宅リビングを利用した小さな教室

教室タイプ別 eトレ運用方法 (料金・時間割、他)

eトレの演習コースは一斉指導の授業や個別指導の授業と組み合わせたオプションコースとして実施できるだけでなく、eトレ演習自体をメインの授業として教室を運営することができます。以下にパターン別の料金や時間割の実例をご案内いたします。

※ ご覧になりたい【 教室タイプ 】をクリックしてください。(pdfファイルが開きます)

【 一斉指導教室 】でのeトレ運用
一斉指導のクラス授業に、オプションとしてeトレ個別演習を加えた運用例
【 個別指導教室 】でのeトレ運用
個別指導にeトレの演習コースを組み合わせた運用例
【 グループ指導教室 】でのeトレ運用
自宅を利用したグループ指導教室でのeトレ活用例
【 単価教室 】でのeトレ運用
英会話など単価教室でのeトレ活用例
【 自習教室 】でのeトレ運用
全教科に対応した自習室の専用教材として、生徒個々のニーズに対応

一斉指導の広めの教室でのeトレレイアウト例

 【1クラスの定員】 10名~30名ぐらい (15名以上の場合は2台のeトレPCを使用)

 【スタッフ】 1~2名(先生または事務スタッフ等)

運用例

eトレパソコン1台とプリンタ1台で、先生1人で15名ぐらいまでの生徒指導が可能です。

同時に15名以上(30名ぐらいまで)の場合にはeトレ子機(オプション)及びプリンタ各1台を追加します。

※インターネットにはつながっていなくても大丈夫です。

授業風景