• eトレを使った個別指導クラスで生徒数が増加!

    個別指導
    優駿塾 様
    栃木県芳賀郡で地域に根差した指導をされている優駿塾様。学校の授業を徹底的に復習するための教材として、eトレを役立てていらっしゃいます。

指導形態や指導方針を教えてください。

 当塾は開校して16年目になります。塾長である私の一斉指導をメインに行ってきましたが、4年前に新校舎を建てたのを機に「個別指導クラス」や「高校生クラス」も新設し、現在は小中高の指導をしています。
 生徒や保護者の方が何を塾に望んでいるかを念頭に置き、「本人が行きたいと思う志望校へ合格させる」という、塾であれば当然の使命で授業を行っています。

▲教室外観

eトレ導入のきっかけを教えてください。

 4年前に個別指導クラスを開設するときにeトレを導入しました。同じようなプリントを何回も出せるような仕組みが欲しいと思っていたときに紹介されたのがきっかけです。
 ほかの教材の場合「1枚○○円」というような制限がかかってなかなか自由に使えないことがありますが、eトレはそういうことはありません。レベル別の問題もそろっていて、サービスが良いと感じました。思い描いていたプリントに近かったので導入することにしました。
 私がいなくても、個別指導クラスで担当の講師が簡単に操作できるというのも理由の一つです。

▲三村和彦 塾長

eトレの運用方法について教えてください。

 当塾の生徒は中学生が多く、個別指導クラスではeトレを学校授業の復習として使っており、苦手なところを繰り返し演習してもらっています。入塾する際に勉強へ苦手意識の強いお子さんが個別指導クラスを選ぶので、プリントを何回も出して、わからないところがあれば講師に聞くという使い方が多いです。
 中にはどんどん進んで予習する生徒もいますが、そういった生徒にもほかの類題プリントに取り組んでもらっています。テスト直前だけは学校の問題集を使って勉強しますが、普段は苦手なところの克服や演習量を増やすためにeトレを使っています。

eトレの良いところを教えてください。

 講師が簡単な引継ぎで交代できるところです。交代する講師に細かに情報を伝えなくても、eトレで生徒の前回の状況を確認するだけで済みます。
 解かせる問題が充実しているのも良いと思います。単元が細かく問題数が豊富なので、重宝しています。
 一斉指導では教科書を使って授業を行っていますが、そちらとの差別化も図れています。地域では私が授業をしている塾としてイメージが浸透していますが、入塾時に一斉指導の定員に空きがない場合は、個別指導クラスに入塾していただいています。そうしたときに、eトレを使った特別な仕組みでやっていることが個別指導の宣伝にもなりますし、塾のアピールポイントにもなります。eトレはパンフレットもしっかりしているので、それを導入しているということでも安心していただけています。一斉指導で入塾した生徒が、個別指導に変更することもあります。
 「一斉指導に空きが出たら入りたいので、個別指導にして待っています」という場合もありますが、個別指導で成績が上がっているので変える必要がないと、そのまま進めることもあります。

▲個別演習風景

eトレの効果について、事例があれば教えてください。

 講師間の指導レベルや内容に差があまり出ないことで、安定した指導ができるというのが非常に大きいです。また、以前から講師が授業時間外に教材研究として使う時間をできるだけ無くそうと考えていました。eトレなら塾に来れば指導ができるという体制ができ、それによってほとんど研究時間をとらないようになっています。
 さらに、個別指導コースは毎年受講者が増えており、開始したときに比べると3倍ほどの人数となりました。10数名からスタートし、今では36名ぐらいになっています。退塾者がほとんどおらず、年々入塾者が増えていることから考えると、良い効果が出ていると思っています。毎年10~11月には2学期の中間テストの結果を踏まえて、他塾へ移ったり退塾したりする生徒が増えるので、成績アップの効果も出ているようです。
 そして、目に見えてこなしたプリントの量が増えていくので、生徒は学習をしているという満足感を得られているようです。取り組んだプリントをすべてファイリングさせているのですが、すぐにいっぱいになるので、増えていくファイルを見て達成感を味わえるのも良いと思います。

▲eトレを操作している担当講師

英検対策にも活用されているそうですね。

 今年第1回の検定で英検2級を受けた生徒には、eトレnetで学習してもらいました。見事合格することができ、「学習した内容からたくさん出題された」と喜んでいました。その効果から、第2回の検定では全受検者にeトレプリントで学習してもらいました。

生徒のeトレへの評判はいかがですか。

 家ではなかなか学習が定着しない生徒が多いのが現状です。ですが、教室へ来ると周りの生徒がたくさんプリントをこなしているのが目に見えるので、それが刺激となって学習に取り組めているようです。解きづらいなどの苦情も無いため、問題なく学習していると思います。

生徒を集める方法や秘訣を教えてください。

 地域情報紙に年1回広告を出していますが、入塾を希望される方は口コミの方が圧倒的に多いです。当塾は生徒の兄弟での入塾が多く、その生徒が入塾される際にお友達も一緒に入塾されるというケースがよくあります。単独での入塾の場合も、塾をどのように知ったか尋ねると「○○さん(塾生)から聞いて」と、紹介とまでは言わなくても、塾での話を聞いて入塾を決めてくださる生徒がいます。
 また私が以前働いていた塾の生徒のお子さんが入塾されることもあり、地域とのつながりを実感しています。

▲休憩スペース

講師の方に心がけていただいていることはありますか。

 生徒の話はしっかりと聞くよう伝えています。学校であったことや悩みをしっかり聞いてあげる姿勢は、講師だけでなく塾との信頼関係にもつながってきます。授業中の雑談はもちろん厳禁ですが、指導だけが役割ではないと理解してもらっています。
 さらに、授業では講師自身の学生時代に得た勉強のコツをどんどん教えてもらうようにしています。講師の経験は生徒にとても身近なもので、わかりやすい目標にもなります。どのように勉強してきたことが成績アップにつながったのか、特に歳の近い講師の話は中学校の先生が共通の場合もあるので、生徒にはプラスになっているようです。

今後の展望を教えてください。

 英検対策の授業を、ますます充実させていきたいです。
 当塾は今年から英検の準会場となり、英検の対策授業も始めました。さらに2020年には大学入試も変わってくるため、それに対応する授業や、新たな英検対策クラスをどのように作ればいいのか考えています。
 中学生の生徒が多いので、eトレを上手く使った中学生向けの英検対策授業を行っていくことも検討しています。

■優俊塾(栃木県芳賀郡) ホームページ
http://www.優駿塾.com

2017年10月取材 (eトレTimes 2018年新春号掲載)

編集後記

温かみのある指導が地域でも評判で、eトレを導入したことでより集客アップを実現されている優俊塾様。eトレを使った個別指導で演習量を確保し、確実に生徒の学力を伸ばされています。今後ますますのご発展を祈念しております。