• 自律型個別演習指導にeトレが活躍!

    集団個別指導
    真未来塾 様
    長崎県長崎市にある真未来塾様。「自律型個別演習塾」として生徒が主体性をもって学習することに注力されています。2013年2月からeトレを導入され、生徒への対応力アップに役立てていらっしゃいます

指導方針や教室運営におけるコンセプトなどを教えてください。

 真未来塾は、「学びとは未来を生きる希望である」を教育理念に掲げる「自律型個別演習塾」です。開放的な教室の中、学校も学年も異なる生徒たちが好きな時間にやって来て、好きな席を選んで着席します。
 生徒が最初にすることは、「今日何を勉強したいか」伝えることです。「明日単元テストがあるから、テスト対策をしたい」「今日の授業の内容がよくわからなかったから、もう一度授業を聞きたい」など生徒たちの希望を聞き、私たち講師はeトレ演習などの教材から必要な単元と所要時間を伝えます。その中から自分に必要だと判断した学習法を選択してもらい、塾での学習開始です。わからないところがあれば、すぐに講師に質問することができます。
 飲食しながらの学習も許可しています。基本的に、周囲に迷惑をかける行為をしなければ、自分が集中できるスタイルで学習して良いことにしています。
 しかし、この一見すると自由に見える環境にこそ、受け身の姿勢だとついていけない大人の厳しさがあります。まず、塾にいつ行くのか、どこに着席するのか、自分で考え、選択しなければなりません。着席しても、誰も何も言ってくれませんし、何もしてくれませんから、自分に足りないもの、必要なものを考えて伝え、助言してもらい、方法を選択し、学習を始めます。
 さらに、ただ学習するだけではいけません。授業の最後に必ずeトレでチェックテストを実施しますので、そこで結果を出す必要があります。結果を出せるように工夫して勉強する。だからこそ、主体性が育つ。これが真未来塾の「自律型」の形です。いずれ社会に出たとき「何をしたら良いですか」と指示待ちをさせてしまうような教育ではなく、「未来を生きる希望」を生徒たちに持たせたいと思っています。

▲外観

eトレ導入のきっかけについて教えてください。

 もともと「演習量の豊富さ」を特徴とした授業をしており、それを支えるため、テキストに加えてオリジナルプリントを作成することに相当な時間を割いていました。
 その点eトレは、ステップ、リトライ、チェック、テスト対策と、プリントの種類と量が豊富です。さらに、1枚あたり10分ほどで集中して解けるという点が気に入り、すぐに導入しました。

▲井出教室長(左)と小池塾長(右)

eトレの運用形態はどのようになっていますか。

 小、中、高校生を対象としています。月曜日から金曜日までは15時から22時半、土曜日は9時から22時半まで。テスト前は日曜日も開放します。1時間あたりの平均受講人数は15名。テスト前や受験期は、25名の座席が常に満員の状態で授業を行います。eトレを利用するにあたって、特別な料金は取っていません。
 テスト前は「チェック」と「テスト対策」、入試前は「入試対策」のみにプリントの種類をしぼり、満点になるまで繰り返し演習を行います。

eトレの効果について、具体的に教えてください。

 eトレのおかげで授業準備時間を大幅に縮小することができ、その分、生徒の進路相談や、保護者面談などに時間を割くことができるようになりました。
 また、「復習」「予習」「テスト対策」と、生徒一人ひとりの、その日のニーズに合わせてすぐにプリントを出すことができるので大変助かっています。eトレのプリントは1枚10分ほどで解くことができるので、間違えてもすぐにやり直しができ、生徒たちもストレスを感じることなく、次へ次へと進めることができます。
 当塾の現在の指導スタイルを支えるのはeトレといえます。

▲生徒たちは自由に席を選んで学習します

生徒・保護者の方からのeトレの評判を教えてください。

 当塾も、PCやタブレットを使ったオンライン授業を積極的に取り入れていますが、保護者の方たちには、それだけで成績が上がるのだろうかという不安が根強くあります。かく言う私もその一人です(笑)。
 オンライン授業は速習という点においては大変成果を上げてくれていますが、やはり定期試験や入試対策を考えると、紙に向かい、必死に手を動かして、相当の演習問題にぶつかる必要があります。ですから、eトレでしっかり書いて、解いて、やり直して、次に進んでいくスタイルは、保護者の方にも支持いただいており、大変好評です。

▲カフェのようにおしゃれな教室

保護者対応について、具体的にどのようなことをされているか教えてください。

 毎学期最低1回の面談を実施する他、ご要望があればその都度面談時間を設けておりますし、電話、メール、LINEなどを使って密に連絡を取り合うようにしています。また、毎月の塾通信発行に加えて、ブログ、Facebook、インスタグラム、Twitterで、塾の授業風景や最新の入試情報を日々積極的に発信し、なかなかお伝えできていない塾の魅力や指導方針、講師の人柄についても知っていただいて、ご安心いただけるよう努力しています。

今後の展望、意気込みなどをお願いします。

 「子どもたちの未来を明るく照らす」をコンセプトに設計した新教室に、今年6月移転しました。従来の塾のイメージを取り払った、カフェスタイルの教室です。
 2020年度からの大学入試制度へ向けて、日本語と英語によるプレゼンテーション指導やディベート授業など、新しい授業内容も今後導入していきます。そのためにも、それを支える知識力、基礎学習力は必須です。今まで通り徹底したeトレ演習授業により、「わかる」ではなく「解ける」、さらに「解ける」から「説明できる」という段階まで、子どもたちを引き上げていきます。
 私たち講師は「子どもたちの未来に立つ1つの道しるべ」として、生徒たちが夢を実現できるよう今後も指導に力を入れていきます!

■真未来塾(長崎県長崎市) ホームページ
http://hopeful-future.com

2017年6月取材 (月刊eトレ 2017年8月号掲載)

編集後記

生徒の未来を見据え、個々のニーズに合わせた指導や丁寧な保護者対応をされていらっしゃる真未来塾様。自分の手を動かして演習問題を解いていくeトレ演習スタイルは、保護者の方からも好評のようです。真未来塾様の今後ますますの発展を祈念しております。