• タブレットを活用して、学校でも家庭でも豊富な演習量を確保!

    東京都品川区
    香蘭女学校 中等科・高等科 様
    東京都品川区にある香蘭女学校中等科・高等科。 学校での協働学習や家庭での自学自習にeトレnetを活用されています。

少女から女性への成長の過程にある大切な6年間を通して、キリスト教をもとに一人ひとりを大切に教育している香蘭女学校。一人ひとり異なる賜を磨き、社会の中で他者とともに、他者のためにそれを活かすことのできる女性を育てたいと考え指導されています。ICT教育にも積極的に取り組まれ、2012年、全教室への電子黒板設置を皮切りに、2015年にはiPadの導入が始まり、eトレnetもその教材の一つとして活用されています。また、iPadの導入に際し、生徒によるICT委員会を設立し、生徒目線での活用方法の検討やモラル感覚の養成も目指されています。

 
 

ICT教育の導入について、教えてください。

 本校はミッションスクールですので、以前より他者に寄り添うという理念がありました。
 そして今、ICTの導入とともに、協働的な問題解決能力の育成が一つの目標となっています。今までの学校らしさを失わずに、これからの社会に出ていく生徒たちに必要な力を伸ばしていってあげたいと考えています。
 「学習道具としての1Pad」という意識づけをしっかりしながら、協働的な学びの場を増やすために活用していきたいと考えています。

▲校門

eトレ導入のきっかけを教えてください。

 自学自習の面で、生徒たちが自分の課題に沿って取り組める教材は何かないか探していました。ICT導入時は一人1台タブレットを持っていなかったため、それを持っていなくても使えるものを考えたときにご紹介いただきました。
 eトレを導入することにより、宿題をあまりやらない生徒や勉強を一人でやるのが苦手な生徒、また自分がどのような順番で勉強すればいいのかわからない生徒が、こういったシステムであれば楽しく学習できるのではないか、と思ったことが導入した理由です。

▲校舎外観

eトレはどういったときに使うことが多いですか。

 試験前に指定された課題に取り組むほかに、放課後に自習をするときに使っています。課題などを出すことはありますが、クラスの授業で行うのではなく、取り組む時間は生徒に任せています。
 eトレを使って強制的に一定のところまで点数を上げようということではなく、全教科をeトレnetという1つのサービスで学習できるので、「これを使って学習してください」と案内をしています。

各教科の先生がそれぞれ課題を配信しているということでしょうか。

 先生によっては生徒に配信していますが、基本的に配信せずに単元名を伝えて、自分で取り組んでもらうようにしています。
 世界史の場合は、授業を受け知識を暗記してきても、テストでどのような問題として出てくるのかわからず、テストの点数が伸びないということが多かったです。ですので、こちらから何か仕掛けた方がいいと思い、テスト前に簡単な単元を課題として出して、それ以上のもう少し難しいものにもチャレンジしてみるよう伝えています。
 そうすると、一問一答形式で暗記してきたものがより複雑な問題になっても解ける状態でテストに臨むことができます。これで、今までただ暗記だけをしてテストに臨んでいた生徒を、より難度の高い問題にも対応できるレベルにまでにもってくることができ、テストの成績は底上げしやすくなったと思います。

▲ICTセンター長

課題を出したり範囲を伝えたりと少しアドバイスをした方が、生徒さんがより使いやすいということでしょうか。

 勉強をする生徒は自分からやり始めますが、やはり勉強に取り組むのが苦手な生徒もいますので、こちらからeトレnetを使って課題を出して点数を提出させるようにしています。課題を行ったかどうかを確認するため、また自学自習の意識を高めるために点数の提出をするよう指導しています。今までの学習法と違い、ノートを開かなくても、タブレットですぐに始められますので、以前よりも取り組みやすくなったようです。こちらからも課題をしていない生徒には声かけができます。

eトレの良いところを教えてください。

 やる気がある生徒がどんどん自分でステップを進めていけるように設計されているところが良いと思います。
 とはいえ、普段の授業の復習やテストに向けて勉強するのが苦手な生徒もいます。「eトレなら段階を踏んでいてわかりやすい」と取り組む生徒も中にはいますが、それでもなかなか自分から取り組めない生徒もいます。そこで、本校ではそういった生徒へのアプローチの方法も考えています。
 問題のレベルや量については、生徒ごとのレベルやペースに合わせてできますし、1枚がちょうど良い時間でこなせて気軽にできるので、こつこつ取り組む学習習慣を養うことに適していると思います。期限までに終わらせるにはあと何個ファイルがあるかなども考えられるので、勉強の計画も立てやすいです。

▲eトレnetで学習する様子

 また本校では、高等科に進むと早慶レベルを網羅できるような細かい内容のプリントを授業で使っていますが、その教科が得意でない生徒にはポイントが掴みづらいことがあります。重要で太字にしている箇所でも、人によっては必要ない場合もありますが、問題を解かないとどこが頻出なのかは本人たちにはわかりません。
 そのようなときにeトレのラーニングプリントを活用すれば、学校のプリントではいろいろ書かれているところも、主要な流れを理解でき、頻出問題もわかるので役立つと思います。

今後の展望をお聞かせください。

 本校がタブレットを導入した目的の一つに、協働学習への効果があります。みんなで一緒に学び合えるグループの中で、どのように人に働きかけることができ、どうお互いを高めていくかということです。
 高等科生が中等科生の学習アシスタントを行う学習会ではみんなでeトレの問題をやりながら、わからないところを先輩が教えに来るという取り組みをこの夏に行いました。
 それ以外にもグループワークをして発表する場でタブレットを活用しています。多くの利用法を検討し、グループで発表したりみんなで考えてアウトプットしたりする機会を増やすことで、力を伸ばしていってほしいというのが本校の狙いです。
 これから大学や社会に出ると必ずタブレットのような端末機器が傍らにある中で力を発揮していかなければいけないので、中高等科6年間で疑似体験を増やしていくのも大きな狙いです。
 そして、もっとeトレの使い方を勉強し、違う教科の先生の使い方も学びながら、どのように投げかけるのが生徒にとって効率的か、やる気が出るかといったところをさらに研究していきたいと思います。
 先生がつきっきりで指導するというわけにはいかないので、eトレを利用して、全体の学力をもう少し上げられるようにしたいと思っています。

ICT委員会の生徒さんにもお話をお聞きしました

週にどれくらいeトレで学習していますか。

 試験前(2週間前くらい)は毎日使って、自分で学習しています。通常は科目ごとに先生に指定された課題に取り組んでいます。

eトレでよく使う教科は何ですか。

 世界史や化学など、暗記中心の科目です。ラーニング~チェックの流れをひたすら取り組むという感じです。
 世界史については、先生がおすすめ課題を用意していて、それに取り組み点数の提出も行います。ひと通り学習してみて、引っかかったところを繰り返します。そこをやれば基本的な試験範囲は網羅でき、平均点を超えるくらいにはテストの点数を取れるようになります。

▲学習会の様子

英語や数学はどうですか。

 文系の生徒は夏休みの課題で、知識の定着として中等科~高等科1年生で習ったところをやります。
 学校の問題集は試験前に1、2周します。問題のバリエーションを増やすために、去年の夏は決められた範囲の中でeトレを使って学習するように宿題が出ました。問題集にプラスしてeトレを繰り返しやり、点数アップにつながるように学習しています。

▲eトレnetの画面を使って説明

eトレで良い点はありますか。

●テスト前で時間が無いときに、教科書を自分で読み込むよりもeトレであれば印刷ができ、印刷したものに線を引いたりして学習できるので助かっています。
●教科書を持って帰ったり、電車の中で開いたりすると邪魔になることがありますが、タブレットやプリントだと荷物も重くならないですし、すぐにカバンから出し入れできます。電車の中での学習には教科書よりも使いやすいです。
●世界史や日本史などの暗記科目は一問一答形式でひたすら解いて覚えることも大切だと思います。eトレはラーニングやステップなど段階が分かれていて何度も同じような問題が出てくるので、繰り返し覚えられて良いです。
●世界史は学校のプリントを使って授業が進みますが、書いてあることすべてが同じくらい重要に見えてしまって、どこが重要なのかわかりにくいことがあります。eトレのラーニングは重要なところは箇条書きで太字になっています。キーポイントがよくわかるので、授業のプリントと組み合わせて繰り返し学習することで、知識が定着しました。
●リビングで雑談をしながらiPadで学習することもあります。集中したいときは自分の部屋に移動するなど、気分によって場所を変えるのに持ち運べるので便利です。
●普段は教科書で重要な箇所に印をつけたりしますが、化学はそれがうまくできずにいました。eトレのラーニングは要点がまとまっているので、そちらを読んでからの方が早くチェックができると思いました。

eトレでの学習を、将来どのように活かしていきたいですか。

●繰り返し学習することで、忍耐力が培われ、将来役に立つと思います。
●努力する習慣が身につくので、大人になって社会に出たとき、たとえ嫌な仕事であったとしても取り組めると思います。
●「今やっていることは将来につながるのか」と考えることがときどきありますが、将来につなげるのは自分次第かと思います。部活でも勉強でも、がんばった分だけ将来の自分に返ってくると思うので、力を尽くしていきたいです。
●大学生になって資格を取ったり、社会人になっても仕事上で勉強したりすることがあると思いますが、勉強する習慣がないと面倒くさくてやる気が起きないのではないでしょうか。資格を取ることや仕事をすることは学生のときと違って強制されないので、自分から勉強する習慣を今のうちから身につけておけば将来強制されなくても、自分から取り組めるようになると思います。
●先生から言われたことを素直にやるのももちろん大事ですが、自分で考えて行動することも将来のためには必要です。eトレなど、せっかく良い教材があっても自分から使おうとしないと身につかないし、自分のためにもなりません。自分から積極的に勉強に取り組もうと思います。

生徒の皆さんにも、eトレについてアンケートをとりました

eトレで良い点はありますか。

・最後まであきらめずに解く力がつきました。(中等科2年生)
・問題が単元別に分けられていて、自分のやりたい単元を選ぶことができるので使いやすいです。(中等科3年生)
・以前に解いた問題でも忘れているところがたくさんあり、それを思い出しながら取り組めたので良い復習ができました。(中等科3年生)
・eトレで自分の苦手なところがわかり、そこを復習できることがとても良いです。(中等科3年生)
・わからないときにラーニングに戻ることができるので、わかりやすく理解しながら学習できます。(中等科3年生)
・細かくステップ1やステップ2と分かれているので、気が重くならず解きやすいです。(高等科1年生)
・解説も細かく書いてあるので、どこで間違えたかわかって良かったです。(高等科1年生)
・難易度別にさまざまな問題があって良いです。(高等科2年生)
・授業の内容を復習して定着できたり、話の流れをつかめたりと学習しやすいです。(高等科2年生)

■香蘭女学校中等科・高等科(東京都品川区) ホームページ
http://www.koran.ed.jp

2017年7月取材 (eトレTimes School 2017年10月号掲載)

編集後記

普段の授業の復習や予習はもちろん、繰り返し取り組む姿勢を身につけるツールとしてeトレを活用されている香蘭女学校。今後の発展を祈念しております。