• eトレで『個』に合わせた理想的な反復演習を実現!

    三重県津市
    eisu(株式会社 鈴鹿英数学院) 様
    三重県津市に本部を持つeisu様では、eトレ発売当初より複数教室でご導入いただいています。eisu様の教育理念である「『個』への対応」を実践する上で、学年の枠を超えた指導を可能とするeトレが効果を発揮しています。

eisuの指導方針と指導形態、教室運営におけるコンセプトを教えてください。

 eisuの指導理念である「『個』への対応」とは、子供たちの成長意欲を刺激し、「個」に秘められたエネルギーを解き放つことのできる優れた学習環境と教育コンテンツを子供たちに提供する姿勢のことです。指導形態は単に「個別指導」に限定せず、多様な人たちの「個」と触れ合い主体性や協働性を身につけていくことができる「集団一斉指導」を基本とし、そこにさまざまな自学自習コンテンツを組み合わせた「ハイブリッド指導システム」で「『個』への対応」を実践しています。

▲eisu総本部(津)外観

eトレ導入のきっかけについて教えてください。

 同じ教材だけでは間違えた問題を反復して演習することは難しく、また苦手な単元を立ち返って学習する場合に前の学年にすぐに戻れる教材はありませんでした。繰り返し苦手な単元に取り組めて、反復演習できる教材を探していたときに紹介され、導入を決めました。
 当塾では総合的な小・中・高一貫指導を目指して、小学生から高校生まで指導をしています。最終的には第一志望大学に現役合格できる学力を養成し、これからの社会に活躍できるリーダーを創造していくことを目標に、日々全校舎で取り組んでいます。そうした教育をしていく上で、学年を超えた指導が可能なeトレは、当塾のコンセプトに合致していると感じています。

▲中西康行 先生

eトレの運用方法について教えてください。

 メインの一斉授業にプラスして、「演習量を増やす」目的で生徒さんにはeトレに取り組んでもらっています。一斉授業の後に演習の時間を設けており、自分で学習したい単元をピックアップして演習指導をしています。
 また、「なかなか一斉授業に出席できない」「習い事や部活動で決まった時間に通塾できない」という生徒さんには、単独でeトレを受講していただいています。好きな時間に教室に来て、決まった時間内でしっかり演習してもらっています。学習内容は一人ひとりの学習状況によって異なりますが、eトレは学年の枠を超えて学習することが可能なので、勉強が苦手という生徒さんには苦手な単元を一つ前の学年に戻って学習してもらうこともあります。その中でまたさらに苦手な部分が見つかれば、さらに戻って学習してもらいます。

定期テストや講習ではeトレをどのように活用していますか。

 津駅前校では、テスト対策のために日曜日も開校しています。質問をする生徒さんもいれば、演習を行う生徒さんもいます。テスト対策用のテキストも持たせてはいますが、同じテキストを繰り返し学習することが苦手な生徒さんが多いため、eトレのテスト対策プリントで演習量を増やしてもらっています。
 講習では、外部生向けに体験会としてeトレを使った講座を開いています。

▲松藤博紀 先生

eトレの良いところを教えてください。

 なかなか家では学習量を増やすことができない生徒さんに対して、eトレのプリント学習システムを使って学習量・演習量を増やすことができています。eトレは段階別に学習できて、つまずいた問題でも繰り返して類題問題で復習ができるので演習量をしっかり確保することができ、学力の定着につながったと生徒さんはもちろん、保護者の方からも評判です。
 「中学入試対策」シリーズや「難関国私立高入試演習」シリーズなどの、豊富な受験対策のデータベースも非常に重宝しています。

▲解き終わったら、先生が採点します

eトレ学習の効果について教えてください。

 中学3年生で、なかなか思うように成績が伸びない生徒さんがいました。どこが苦手なのか探っていくと、算数であれば小学校で習う「分数の計算」や「単位量あたりの計算」などが丸々抜けていた状態でした。自分の学年よりもかなり前の学習内容であることから、はじめは戻り学習をやりたがらなかったのですが、学校の授業に追いつくことを目標に、eトレのプリントに取り組んでもらいました。着実に学習してもらった結果、中学3年生の水準まで追い上げることができました。学校の授業内容の理解も深まり、さらに当塾で実施している三重県統一テストで出題された応用問題も解けるようになってきました。

生徒さんや保護者の方からのeトレの評判を教えてください。

 中学受験をされない小学生の生徒さんに対しては三重県統一テストを一つの目標として学習してもらいます。そのテストで解けなかった単元や、次のテストで出てくる範囲をeトレのプリントで反復演習してもらっています。繰り返し取り組むことで次のテストで点数が取れるようになったと保護者の方から満足の声をいただいています。
 三重県統一テストではテスト結果の分析を細かくできるので、間違いが多かった単元をeトレで復習してもらうなど相互に活用ができています。解きっぱなしにならないよう、解いたプリントをしっかり見てアフターケアを行うようにしています。

▲eトレ演習風景1

eトレは、教科専任の講師の方が指導をされているのですか。

 低学年向けの算数演習の講座を担当している講師が個別で見ています。規模の大きな校舎では、ある程度生徒さんに自主的に学習してもらい、最終的なチェックやどうしてもわからない部分に絞って指導を行っています。

「2020年問題」に対して、どのような取り組みをされていますか。

 保護者の方を対象としたセミナーを定期的に開催しています。2020年度に大学入試が大きく変わるということは知っていても、具体的にどのような教育改革が起こり、自分の子供にどれだけ影響するかということを理解・把握できていない保護者の方も多いのが現状です。2020年度の本格施行を前に、多くの国立・私立大学でも自学の入試制度を変え始めているため、現在の高校生でも早急な対応が求められています。各校舎では職員向けの研修を行い、積極的なイベント・セミナー開催はもちろん、新聞・折込広告やパンフレットでもそういった情報提供を行っています。

▲eトレ演習風景2

最後に今後の展望・意気込みをお願いします。

 eトレという理想的なプリント学習システムを使って演習量をしっかり確保して実力をつけていきながら、一斉授業も併せて受ける生徒さんをますます増やしていけたらと思っています。また個人に合わせた反復学習をよりしっかり行っていきたいと考えています。
 さらに一貫した教育を実践していく中で、一人ひとりが今何をすべきなのかということを、その瞬間ごとに生徒さんだけでなく保護者の方にもアピールしていくことが必要だと思っています。保護者の方も巻き込むことで生徒さんの学習意欲を掻き立てる動機づけになります。また学力がついてくることで「何をどうしたいのか」と自発的に考えるようにもなり、今後の方向性や先々のことを考える計画性を養うことにもつながります。受験を一つのゴールとせず、将来どうしていきたいのかと考えさせ、そのためにはどのようなルートで目標に達するのかプラン提案をしていくことで、今後も世の中で役立つ人材を生み出していきたいと思います。

■eisu ホームページ
http://www.eisu.co.jp

2017年12月取材 (eトレTimes 2018年初夏号掲載)

編集後記

将来の目標を見据え、その実現に向けた計画性を構築していくために一貫した教育指導をされているeisu様。セミナー開催などを積極的に行い、保護者の方を巻き込むことで地域でも評判を上げていらっしゃいます。今後ますますのご発展を祈念しております。