• 個別指導とeトレ演習の特性をそれぞれ活かし、生徒の学力を伸ばしています!

    個別指導
    ADAS進学会 衣笠スクール 様
    神奈川県横須賀市にあるADAS進学会衣笠スクール様。 生徒に寄り添った親身な個別指導が地域でも評判となっています。

個別指導に加えてeトレを導入

指導方針と指導形態を教えてください。

 当塾は個別指導をメインにしており、講師が1名に対して生徒が2名までという指導スタイルをとっています。学生のアルバイトではなく、5名のベテラン専任講師が授業を担当しています。それにプラスしてeトレを使用しています。

eトレの導入のきっかけや運用について教えてください。

 4年前からeトレを導入し、小学生と中学生の個別演習に使っています。きっかけは、もともとこの教室が入っていた今より大きな建物が老朽化で取り壊すことになり、ここに引っ越したことです。
 ご覧のとおりこじんまりした教室で、学校によって進度が全く違う中学生の理科や社会を、学校別に分けて指導するというのが教務的にも物理的にも無理かなと思いました。それは広い教室のときから常々思ってはいましたが、きっかけの一つはそれですね。

▲教室外観

では学校別の対策にeトレが役立っているということですね。
近隣にはいろいろな中学校があるのでしょうか。

 そうですね。少なくとも2中学はあります。個別指導を目的に離れたところから通う生徒もいるので、同じ学年で3、4校の中学の生徒が在籍することもあります。

料金設定について教えてください。

 週に1回や2回という設定で、通常の授業料とは別に料金をいただいています。週に2回目から少し割引させていただき、回数が重なるほど割引されるようになっています。
 ただ個別指導がメインになっていますので、中学生は個別指導とeトレをセットで取ってくれている生徒がほとんどです。個別指導とeトレを一緒に取ってくれている生徒にはeトレを半額にしています。
 できるだけ生徒に合わせて通う頻度や補助教材、eトレなどいろいろな形態で授業ができるようにしています。

▲鈴木真史 室長

メリットは個別対応力アップ

eトレの良いところを教えてください。

 中学生の対応を学校別にできるというのが一番大きいですね。eトレの授業はチューターを置かず、私1人でやっているのですが、多いときで8人くらいに対応しなければなりません。ですから一つの教室で、学年や科目が異なっていても、同時に対応できるメリットは大きいです。

eトレの効果について、事例があれば教えてください。

 今のお子さんたちは「自分で勉強する材料を探してきて、自分で勉強する」ということがなかなかできないと思います。こちらが学習の用意をしてあげないと手が止まったり、どうしていいか分からなかったりするお子さんが多いように感じます。当塾へ来て、eトレで何度も繰り返しプリント演習をすることで、自分で解き進める力がついてきます。また演習量をこなすことで、特に理科や社会の暗記科目などは、確実に成績アップにつながっています。

▲親切な個別指導が地域でも評判です

eトレの機能について、
活用されているものがあれば教えてください。

 小学生の場合は授業の終わりに必ず学習記録表を渡すようにしています。やはり「今日は塾で何ページ勉強してきたか」を保護者の方は知りたいでしょうし、いつもより枚数が少ないと「どうしたんだろう」と思ってくださいます。なかなか一軒一軒お電話して生徒の様子を伝えるのは難しいですが、これなら簡単に塾での様子が伝わるので、毎回お渡ししています。またコンスタントに保護者の方に状況をお伝えすることで、学習の「見える化」を図っています。
 あとは学習計画も活用しています。学校の進度や範囲によって生徒一人ひとりに登録し、生徒に応じて学習するレベルや範囲に合わせた学習計画を作っています。

▲カラフルな掲示物でにぎやかな教室

個別指導とeトレのセットが人気

生徒のeトレへの反応はいかがですか。

 先ほども話しましたが、自分では家で勉強ができない生徒が多いようです。ですから「勉強するぞ」という思いでここへ来て、eトレで繰り返し学習することが、本人たちは文句も言いますけどもそれはそれで楽しいようです。他の生徒を見て「何枚やっている」というのも刺激になっているのかもしれませんね。

保護者の方の反応について教えてください。

 授業論のことになってしまいますが、科目の性質上英語や数学はその子のレベルに合わせて指導しなければならないので、個別指導は英語数学がメインになってきます。しかし苦手な理科と社会も個別で、となると金額面で保護者の方へ大きな負担になってしまいます。
 また、理科と社会については、個別指導で講師の話をただ聞いたとしても、できるようにはなりません。そのためeトレで説明を読み自分で解いていく力も必要なことを保護者の方々へ説明させていただきます。
 すると「それでしたら」と納得していただき、公立学校の生徒であれば、ほとんど個別指導にあわせてeトレをやってくれていますね。個別指導とeトレのどちらかだけ、という生徒は何年かに1人くらいしかいません。

▲勉強に集中しやすいゆったりとした教室

小学生の指導にもeトレを活用

「eトレどんどんクラブ」などコース名が目を惹きますね。

 もともとADAS進学会では小学生の場合、本科と個別指導のコースがあって、それとは別にもう少し軽い内容のプリント学習で、計算や漢字をどんどん進めていくコースがありました。するとやはり個人差が出てきてしまい、その教材の準備がものすごく大変でした。
 導入の理由は複数の中学への対応もありますが、そういった小学生の個別対応ができるということもきっかけの一つです。このシステムを知ったときに小学生の「どんどんクラブ」でも便利なのではないかと思い、4年前に中学生のプリント学習の他にも小学生のための「eトレどんどんクラブ」というコースを出させてもらいました。

▲eトレスタンプカード

生徒を集める方法や秘訣を教えてください。

 どこの塾さんも同じだと思いますが、やはり口コミですね。チラシなどの影響もあるかもしれませんが内部生からの紹介や口コミが多いと思います。

最後に今後の展望、意気込みなどをお願いします。

 受験を乗り越えるテクニックなどを生徒たちに教えたいとは思っていますが、いつか自分の力で立って自分の道を切り開いていかなければならないとも考えています。学習を通してそういった将来を見据え自立した力強い生徒に育っていってもらいたいという思いがあります。
 卒業生がときどき顔を見せてくれますが、やはりここに通ってきていた頃より大人になってしっかりとしていて、それが一番うれしいですね。

▲受付ではイーズィー君がお出迎え

■ADAS進学会衣笠スクール(神奈川県横須賀市) ホームページ
http://www.e-adas.com/school/kinugasa.html

2017年1月取材 (eトレTimes 2017年初夏号掲載)

編集後記

小学生と中学生、それぞれの学力を伸ばすためにeトレを最大限活用されているADAS進学会衣笠スクール様。インタビュー中にも生徒に対する真摯な姿勢が伝わってきました。今後ますますのご発展を祈念しております。(2017年1月取材)