eトレnet

eトレnet(ページトップ)

eトレnetとは

自宅学習用2
eトレnetはインターネットに接続されたノートパソコンやタブレットを使って、いつでもどこでもeトレのプリントを自由に見たり印刷したりすることのできる、パーソナルユースのeトレです。

 
インターネット環境さえあればどこでも使えます。生徒が自宅でeトレnetに接続すれば、その瞬間に自分の部屋に巨大なeトレのプリント棚が出現することになります。

分からないところや集中的に勉強したいところなど、欲しいプリントがその場ですぐに利用でき、自宅学習用に最適です。

タブレット画像

 

■ 新しい勉強のスタイルが始まろうとしています。

先生が教室にタブレットを持ち込めば、手の中のタブレットが巨大なプリント棚になります。

解説プリントの画面を生徒への説明に利用したりすることもできます。

さらに生徒がタブレットを持って授業にのぞめば、自分の目的に応じた勉強をすることができ、また自宅に帰ってからも自由な場所で勉強の続きができます。

タブレットの普及により、新しい勉強のスタイルが始まろうとしているのかもしれません。

【Pick Up!】タブレットなら手書き入力も可能!

 

eトレsaとの違い

eトレnetとeトレsaとの違いはなんでしょうか。

基本的にはeトレsaは教室での演習指導用、そしてeトレnetは自宅学習用、及び教室での少人数指導の補助教材というのが主な用途です。

種類 eトレnet eトレsa
主な特徴 1台で1人の生徒のプリント出力や成績管理ができます。教室・自宅を問わず、ネット環境があればどこでも利用できるのが特長です。 1台で同時に多人数の生徒のプリント出力や成績管理ができます。教室専用の演習システムです。
利用場所 教室・自宅などネット環境があればどこからでも、どのパソコンからでも利用できます。 教室で使うことが前提です。eトレsaをインストールしたパソコンでのみ利用することができます。
パソコン タブレット型・ノート型・デスクトップ型
※タブレットはiPad/Androidに対応
デスクトップ型・ノート型
対応人数 1台で1名
※先生が補助教材として利用する場合、同時に6名ぐらいまで対応できます。
1台で同時に10~15名
※子機利用の場合20~30名まで対応できます。
ネット環境 必須(常時接続) 不要
※インストールやアップデート時のみ必要

eトレnetの利用方法

<生徒が使って>

9-1自宅学習用
■ 生徒の自宅学習用として

eトレには全ての単元に丁寧な解説が付いているので、自宅での演習ドリルとしてだけでなく、わからないところを調べたり、要点を確認したりするのにも最適です。

特に小学生低学年の場合には、保護者の方が解説プリントを利用することで上手に解き方を説明してあげることもできます。

 

<先生が使って>

9-7先生のタブレット指導写真
■ 教室での演習用補助教材として

必要なプリントを授業前に印刷しておけば、確認テスト用や演習用など、授業の補助教材としてとても役立ちます。

さらに少人数でのグループ指導なら、タブレットを教室に持ち込むことで授業中にその場でプリントを印刷したり、直接画面を見せながら生徒に説明したりすることもできます。

【Pick Up!】eトレnet活用法

 

eトレnetの無料体験

<塾・学校の先生はこちら>

<生徒はこちら>

※eトレnetは塾や学校で使う教材としてご販売しており、個人様への販売はいたしておりません。
 つきましてはお手数ですが、eトレnetの利用をご希望の場合は、塾へ直接お申し込みいただくことになります。

「eトレ」という名前を使っていない塾もありますので、まずは直接お近くの学習塾や予備校などに
お問い合わせください。