【英語力を伸ばす】
小学校での英語教育はどのように変わるのか

2020年度から始まる教育改革では、小学校での英語教育も大きく変化します。
これまで小学5・6年生で行われていた外国語活動は、小学3・4年生からのスタートに早められ、小学5・6年生では英語が「教科」化、つまりは成績として評価されるようになります。
では、具体的にどのような英語学習が始まるのか、改革のポイントと学習における要点をご案内します。

「英語」教育改革の背景とポイント

グローバル化がますます進んでいくであろうこれからの時代、さまざまな国や文化を持つ人々と共生しつつ、世界と対等に渡り合っていくために、単なる文章ではなくコミュニケーション手段として「使える」英語能力が、これまで以上に求められています。
こうした背景の下、2020年度から始まる教育改革では、小学校・中学校・高校の各段階における英語教育をより実践的な内容へと見直すとともに、より一層「聞く」「読む」「話す」「聞く」を連携しながら4技能の力を鍛えていこうとしています。それに伴い、大学入試での英語も4技能の力を測る内容へと変わってきています。

つまりは、これからの英語教育では、より「使える英語力」が重視されていること、そして、小学校・中学校・高校・大学入試までをトータルで改革することが、大きなポイントとなっています。

小学校での英語教育はどうなるのか

では、小学校での英語教育は具体的にどのように変わっていくのでしょうか。
先述の通り、2020年度から小学3・4年生で外国語活動が導入され、小学5・6年生からの英語は、成績のつく「教科」となります。全面実施の2020年度を前に、2018年4月からすでに移行措置期間に入っており、対応を始めている学校や自治体も増えてきています。

現在の小学5・6年生の外国語活動は、年間35単位時間(週1コマ程度)実施されていますが、2020年度からは小学3・4年生で年間35単位時間、小学5・6年生で年間70単位時間(週2コマ程度)に増え、小学校卒業までに授業で触れる英単語数は約600~700語程度とされています。

今回の改革で重視されているのは、「聞く」「話す」力のレベルの底上げです。小学校3・4年生の外国語活動では、歌やゲームなどを通じて英語を音声に慣れ親しむ活動が中心となります。言語の習得においては、文字の読み・書きを学ぶ前に、音声として親しみ、「聞く」「話す」ことがある程度できるようになっていることが必要だと考えられていることに基づいています。

教科化となる小学5・6年生の英語の授業においても、「聞く」「話す」ことがベースとなりますが、これまでに学んだ語彙やフレーズを使いながら、自分のことについて話したり、相手に尋ねたりすることを通じて、より表現の幅を広げ、会話が続けられることを目指していきます。
また、アルファベットや英単語を「読む」「書く」ことにもチャレンジしていきます。「聞く」「話す」の中で学んだ英単語を、読んだり、書き写したりする段階から、無理なく「読む」「書く」力を身に付けていきます。

中学校と同じような英語授業が始まるのか、という疑問があるかと思います。中学校で学ぶ文や英単語も扱いますが、文法の仕組みを理解したり英単語をたくさん覚えたりするような指導が前倒しになるわけではありません。「聞く」「話す」の活動を多く行う中で、文や単語を使えるようにする今の「外国語活動」の指導方法を大切にしつつ、正しく「聞く」「話す」ができるようになることを目標としています。そこに文字の形に慣れ親しんだ上で、文字を「読む」「書き写す」、そして「書く」ことを段階的に導入していくのです。

塾でできる、英語力を伸ばすコツ

小学生の時期の英語学習で最も大切なのは、「英語を使うことは楽しい」と感じられる体験をすることです。その体験が、中学校以降の学習へ、さらには社会に出てからも積極的に「英語を使う」姿勢へとつながっていきます。

小学生の間は、英語を「たくさん聞く」「使ってみる」ことで、感覚的に自然と身に付けられる大切な時期です。塾の指導の中でも、英語を楽しく学べるように、子どもが興味を持っている英語のアニメや絵本に触れる機会を日常的に多く持つことがおすすめです。聞いて分かる単語やフレーズを、楽しみながらできるだけ増やしてあげるとよいでしょう。教科書に沿った指導だけでは、なかなか子どもの興味を引くことは難しいかもしれません。英語への関心が薄れないよう、少しずつ織り交ぜていくなどの工夫をしてみましょう。

また、小学校の英語教育では、英語だけでなくさまざまな言語や文化へ関心を広げることも重視されています。テレビなどで、日本語以外の外国語や海外のニュースが取り上げられていたら、「この言葉はこの国で使われている言葉なんだね」「どの国のできごとかな」など、外国の言語や文化への興味を自然に広げられるよう、声掛けをする材料を集めておきましょう。

英語を使うことを楽しむ上で大切なのは、子どもが英語を話したときにたくさん褒めてあげることです。少しでも英語が聞き取れたり、またひと言でも言えたりしたときには「発音が違う」など注意するのではなく、まず発話できたとこを褒めることが重要です。それが、「英語を聞き取れた」「自分が言いたいことを英語で伝えられた」と大きな喜びや自信につながり、今後のコミュニケーション能力を培うための大事な下地となります。

英語教育のスタートである小学校生活は、その後の伸びを左右する大事な時期となります。英語を話すことへの恥ずかしさが出てくる前に、積極的に親しめる環境を整えたいものです。塾という限られた環境であっても、日常的に楽しく英語に触れる機会をつくるとともに、外国の言語や文化への興味を広げられるよう、趣向を凝らした授業を提供しましょう。

【生徒の背中を後押し!】
子どもが「自分で考える」習慣をつけるには

学校や塾での授業では、生徒への問いかけをする場面が多くあるかと思います。国語であれば「ここまで読んでみて、どう思った?」、理科であれば「ここまでの説明で、気になることはある?」など、基本的には相手の感想や考えを問うものであり、正解があるわけではありません。何を答えてもらってもよいので、筆者の考えへの反論や説明の矛盾についての意見であっても、もちろん構いません。

ところが、よくある返答は「分かりません」と一言で終わってしまうパターンです。もちろん、自分の意見を自分の言葉で話してくれる子もいますが、「では、隣の○○さんはどうかな?」と話を振ると、「同じです」と答えて終わらせようとする子もいます。

「自分で考えようとする習慣すらない子が本当に多い」と実感させられる場面が多いのが現状です。「自分で考え、自分の言葉で表現する力」が、今後ますます求められる中で、どのようにして「考える習慣」を身に付けていけばよいのでしょうか。

「質問のみの会話」に挑戦する!

とある塾では、生徒が自分で考える前から「正解はこうだ」「あれして、こうして」といつも先回りをして、先生が指示や解説をしていました。コーチングを知り深く反省した先生は、質問力を磨くために、質問のみで生徒と会話することを思い立ちました。

質問はこういった形で始まります。
「こんにちは、今日の気分はどう?」
「今は何時かな?」
「学校の授業では何をやった?」
「給食は何が出た?」
「友達とどんな会話をした?」
教室に入ってきた瞬間から、すでに質問なのです。
席に着いたら、「今日は何の勉強をするつもりかな?」
学習内容を提示したら、「今日は何ページくらい進めようと思ってる?」
問題を解いたら、「ここの問題は難しくなかった?」といった具合です。

だからといって、最初から何か大きな変化があるわけではありません。むしろ、「分からない」と言って、質問に答えないことさえあります。「まあ、そんなものか」といった気持ちで続けてみました。

すると、2~3か月ほどで、こちらがあれこれ言っていたときよりも、よほど、自分で動くようになったというのです。その効果には、先生も驚いていました。
「『~しなさい』と言いたくなったときには、『これを質問に変えるとしたらどう言えばいいのだろう?』と、私自身も考えて声を掛けるようになりました」と先生は話します。何も言わなくても、生徒は勉強もするようになって、「本当に楽になった」そうです。質問を投げ掛けるようにもなったということで、「質問する」影響力はすばらしいですね。

どんな答えでもいったん受け止める

先生が「ここがものすごく肝心!」と言っていたポイントがあります。質問して返ってきた生徒の答えが、自分の意図通りでなかったとしても、「否定せずにいったん受け止めること」が大切です。「そうじゃなくて、こうした方がいいんじゃないかな?」などと言うと、たちまち子どもは考えなくなってしまうので、ぐっと我慢しましょう。
「それはまずい」と思うことは、いったん受け止めた上で、本人が自分でリスク回避策を考えられるよう、さらに質問します。
「なるほどね!そう考えたんだ。もしも、そのままやって、手が止まってしまいそうだったらどう対応するの?」などの質問で、事前にリスクを考えるよう促します。もちろん、勉強の話題などでなく、事故など本当に危険で、緊急性が高い場面については、質問で間に合わない場合もありますので、臨機応変な対応が必要です。

あまり気負いせず、コミュニケーションの一環と思って、「質問のみの会話」に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。